水商売と風俗ならどっちが稼げる?

お金

男性にはない女性特有の仕事といえば、水商売と風俗ではないでしょうか。
どちらも実力次第ではありますが、短期間に高額な収入が得られる職業であることは、皆さん周知の事実です。
水商売も風俗も自分自身が商売道具であるという共通点はあるものの、仕事のしんどさや稼げる額。

他にも環境などに違った点が意外とあるということも忘れてはいけないポイントです。
ここでは水商売と風俗ならどちらが稼げるかについてご紹介しましょう。

風俗と水商売の業種について

風俗と一口で言っても本番有りの風俗もあれば、触れなくても良い風俗までさまざまに存在しています。

一方で水商売といっても、価格帯から接客スタイルが全く違っているものまで数多く存在しているというのが現状です。
ここまで業種が細分化してしまった原因は、日本独自の風営法という付け入る隙が大いにある中途半端な法律しかない結果といえます。
結果として利用する男性客はもちろん、働く女性もそれぞれの業種の違いがよく分からないという状況が出来上がってしまっているのです。

風俗の種類

それではざっくりとではありますが、風俗店と分類される代表的な業種をご紹介します。
・ソープランド(ソープ):本番有の性風俗。
数多くある風俗の中でも報酬は一番高いとされています。
・デリバリーヘルス(デリヘル):日本の中で最もお店の数が多いとされる風俗で、特定の店舗を持たず、お客さんが指定した場所で非本番のヘルスサービスを行います。
ハードルは高いものの在籍できれば超高級店ならソープ以上の報酬を稼ぐことも可能。
・ホテルヘルス(ホテヘル):受付型のデリバリーヘルスのことで、電話だけで利用ができるデリヘルとは違い、ホテル街に立地しているお店の受付に出向き、プレイしたい女の子を指名して利用をするスタイルです。
女性側もモニターでお客さんをチェックできるため、顔バレ対策が徹底されている風俗でもあります。

・ファッションヘルス(箱ヘル):デリヘルやホテヘルのプレイがコンパクトな時間で提供しているヘルスサービスを提供するお店。
デリヘル、ホテヘルのプレイ内容と同じくらい、もしくはソフトなサービスを提供しているところがほとんどです。
・イメージクラブ(イメクラ):コスチュームを着用し、シチュエーションプレイを主としたヘルスサービスを提供する風俗。
JK、OL、看護師、CAなど職業によるコンセプトを持たせているお店や、プレイルームを電車内や教室、診察室などリアルに再現しているお店も存在しています。
・ピンクサロン(ピンサロ):店舗型の風俗で、大抵のピンサロ店はワンフロアを間仕切り板などでパーテーションして複数のボックス席を作っているというスタイルを取っています。
おしぼりなどで陰部を拭き、フェラチオのサービスを提供する風俗。

プレイ時間内に2人ないし3人など複数の女性で入れ替わりがあり、給料は歩合制ではなく時給制のため、ボウズで帰ることがないという特徴があります。
・SMクラブ:女王様かM嬢として働くかでプレイ内容は180度変わる風俗。
S女なら言葉責めやSMアイテムを使い、M男を調教するのが仕事になります。
M嬢の場合は、縛りや手枷、足枷などの拘束プレイをしたり、言葉責めやバイブ責め、SMアイテムを使った調教プレイを受けることが仕事になります。
店舗数が少なく競争率が少ないことが特徴であり、バック率が高いため指名客などがつけばソープやそれ以上の報酬を得ることも可能です。
店舗型、デリバリー型の両方があることも特徴になります。

・M性感:店舗型と無店舗型があるものの、無店舗型のお店が近年では多くみられる風俗で、勘違いされている方も多いですがSMクラブとは全く違うジャンルです。
M性癖を持つ男性の性感を刺激するためM性感という名前が付けられています。
女性が受けプレイをすることはほとんどなく、男性を言葉責めしたり、手コキをして寸止めしする。
アナル責めやクンニではなく顔面騎乗をして無理やりなめさせるプレイが主になります。
お店によってはフェラすらしないところもあり、ソフト風俗スタイルのお店もあるので事前に確認が必要です。

風俗エステ(性感マッサージ、回春エステなど):オイルを使った全身マッサージの後、下半身を集中的に刺激し、睾丸マッサージや前立腺マッサージなどを提供します。
・オナニークラブ(オナクラ):男性のオナニーを鑑賞したり、オナニーのサポートをする仕事です。
3ナイ風俗(脱がない、舐めない、触れられない)の筆頭格ともいわれる風俗で、ソフトサービスである程度に稼ぐことができます。
ただし、オプションプレイを豊富に設けているお店も多く、オプションを全て認めた場合、ファッションヘルスのそれとほぼサービス内容が変わらなくなるなんてところも存在しているので、事前の確認がおすすめです。

水商売の種類

それでは次に水商売として分類される業種についてご紹介します。
・キャバクラ:気軽に働ける水商売の筆頭格。
18歳から40歳と幅広い年代で働けることも魅力です。
風営法の改正により、営業時間が限られてしまった背景から、朝キャバや昼キャバなどが派生しており、夜ばかりでなく、朝や昼の時間帯から営業しているところも増えています。

・ガールズバー:カウンター越しにお客さんとの会話をするだけなので、ボックス席などで隣りに座る必要がないのが特徴。
このためキャバクラよりも時給は低く設定されています。
ただし勤務時間は長いお店が多いため、トータルで報酬が上になることもあるという特徴があるのです。
また呼び込みを女性キャストに行わせるお店がほとんどなので、肉体労働的なニュアンスが強めという意見も見られます。

・スナック:庶民的でアットホームな雰囲気が売りの水商売。
ママが居ることが多く、ママ目当ての男性客とカウンター越しに接客をするのが特徴。
キャバクラほど接客マナーなどに厳しくなく、ノルマ等が設定されていないなどが挙げられます。

・高級クラブ:ある程度のステータスを持つ男性客を接客する水商売。
在籍するのにハードルが高く、容姿はもちろん、言葉づかいや立ち振る舞いなどに厳しい業種です。
ドレスや和装など高級ないで立ちでの接客を求めており、安物を着用することは認められていません。
報酬はある程度に高いものの、服装代やヘアメイク代など出費も多い職種でもあります。

・ショーパブ:基本的に接客はなく、設置されているステージを使い、ダンスなどを提供する職種です。
飲食も認められており、訪れるお客さんは、飲食を楽しみながらショーを鑑賞できるということで、近年では女性客が多くみられています。
ストリップが有名なショーパブのひとつですが、さまざまに細分化される日本の風俗業界の中で、ターゲットを変え、純粋に芸術性を高めたショーを提供するお店が増えました。
ものまねショーなどお笑い系のお店もありますが、ポールダンスなどのダンスを中心に提供しているお店が多くみられます。

・セクシーキャバクラ(セクキャバ、おっパブ、いちゃキャバ):通常のキャバクラのようにボックス席で隣りにつき、会話などを楽しむサービスです。
通常のキャバクラと違うところはお触りが認められている点。
ダウンタイムという時間が設けられており、その時間内であれば、上半身を脱がせ、バストを揉んだり舐めたりできるという業種です。
女性から性サービスを提供することはなく、下半身へのタッチも禁止というところがほとんどです。

この業種は水商売か風俗かあいまいなお店が多いですが、便宜上は水商売として分類されます。

水商売と風俗ではどちらが稼げるのか

気になるのは水商売と風俗ならどちらが稼げるのかという点ではないでしょうか。
結論からいえば、それは働く女性次第と言わざるを得ません。

キャバクラと風俗とでは給料体系も求められるスキルも違っているためです。
要は自分にどちらの仕事が合っているのか。
より効率よく稼ぐには、どちらがベターなのかをご自身で把握しておくことが重要になります。

風俗のシステム

風俗は完全日払い制が基本となっており、お客さん一人に対してバックされる金額が決められています。
日給保証制度を設けているところもあり、給料の心配をする必要があまりないことも特徴です。
出勤も完全自由で短期であっても長期間でも体力が続く限り働けます。
一般職との掛け持ちや、シングルマザーなどの働ける時間が限られている方に重宝されています。

水商売のシステム

水商売の場合には、基本時給にプラスして指名バックやドリンクバックなどが付加されるといった報酬体系になります。
女の子によっては売上の折半という形を取っている方もいらっしゃいます。
営業時間が法律で定められているため、早くて夜7時から深夜0時までまでの5時間程度しか働くことができません。

出勤はシフト制で風俗同様に自分で決めることが可能ですが、風俗と比較すると完全に自由というお店は少ないです。
働ける時間が限られるため、必然的に報酬が高い高級クラブなどで働きたいという女性が多いのですが、ノルマが課せられていたり、罰金制度を設けているところが多く、お金が出るような環境に身を置くことになります。

風俗で働くメリットとデメリット

前述でも触れていますが、風俗と水商売ではどちらが稼げるのかは、ご自身がどちらの職業に合っているかどうかの問題になります。

それを知るためにも風俗のメリットとデメリットをご紹介ます。

風俗のメリット

水商売と比べ、会話のスキルなどコミュニケーション能力は求められない。
お店によっては、テクニックなどがない初心者ほど重宝されることが多いため、性サービスが得意でなくても人気を得やすいことがメリットといえるでしょう。

風俗のデメリット

基本的にお客さんを選ぶことができず、決められたサービスは提供しなければなりません。
アゴと手には高い疲労感を感じ、膝が汚れることが多いです。
性サービスの邪魔になるため、爪を伸ばすことができません。

性病のリスクがあったり、見た目やスタイルが重視されます。
非本番の風俗であっても、隙あらば本番行為を求めてくる男性客も少なくありませんから、高いストレスを感じる方も多いというのがデメリットです。

水商売で働くことのメリットとデメリット

一方で水商売で働くことのメリットやデメリットも知っておく必要がありますね。

風俗、水商売共に一般職では稼げない高額な報酬を短期間で稼ぐことができますから、それなりのデメリットは存在しているのです。

水商売のメリット

基本、会話を盛り上げるだけで報酬がもらえます
お客さんが求めている理想の女性像を演じるだけで良く、脱いだり、性サービスをすることなく、タッチもされないというのが基本です。

見た目が良くなくても、それを補うコミュニケーションスキルなどの要素があれば、十分にナンバークラスとして稼ぐことが可能なのもメリットです。

水商売のデメリット

実働は短いかもしれませんが、営業メールや同伴、アフターなど営業活動に力を入れなければ思ったような売上を挙げられないため、24時間体制で働かざるを得ないというのが現状です。
会話だけで下心のある男性客をつなぎとめることは、非常に難しく中には枕営業に手を出し、結果風俗とやっていることが変わらない。

もしくは結局、お店に来てもらうための営業セックスのため、風俗よりもお金にならないといったケースに陥ってしまうことも大きなデメリットです。
余計な駆け引きがない分、風俗の方が営業にそこまで時間を割くことがなく結果的に楽という意見も多く見られます。

まとめ

短期間で手っ取り早く稼ぎたいと思ったときに多くの女性が考えるのは、水商売か風俗と言えるのではないでしょうか。

水商売も風俗も両方ともにメリットもあれば、デメリットもあります。
どちらがより稼げるかといえば、働く女性次第と言わざるを得ず、どちらがご自身に合っているかを体験入店してみるなりして、確かめてから働くことをおすすめします。
提供するサービスが違っているとはいえ、男性の下心を利用している商売という共通点があります。
求めているものは一緒と言っても過言ではないので、駆け引きなどが面倒だという方やコミュニケーションスキルに自信がない方は風俗の世界に最初から身を投じた方が楽といえるかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました