タトゥーや刺青があっても風俗店で働けるのか?

お悩み・疑問

最近では、女性でもタトゥーや刺青を入れることは珍しくなくなってきました。
もちろん、タトゥーや刺青を入れると、「一生消えない傷」を体に負ってしまう事になるので、かなりの覚悟が必要でしょう。
人生の節目節目で、タトゥーや刺青を入れて、覚悟を持って生きている女性は意外と多いのかもしれません。

今回は、そんな「タトゥーや刺青が入った女性」でも、風俗で働くことは出来るのか?
ということについて、まとめていきたいと思います。
結論から先に書いてきます。
「もちろん、タトゥーや刺青が入っていても、風俗店で働けるけれど、ある程度の規制があります」ということです。

つまりは、「タトゥーや刺青」があると働きたくても働けないお店もあるという事になるでしょう。
では、「風俗で働く上でのタトゥーや刺青」について具体的に書いていきます。

多くの女性がタトゥーや刺青を入れている

現代社会では、「タトゥーや刺青を入れている女性」は昔に比べて、かなり多くなっています。

昔の日本では「考えられないほど」の広がり方を見せているのも事実でしょう。
ちなみに、「タトゥーや刺青」はどれくらい昔からあるのか?
という話ですが、実は「2500年前のミイラ」からもタトゥーや刺青の跡が発見されています。
歴史的に見ても「タトゥーや刺青」はかなり昔から、人類と共にあるようです。

では、どうして、現代の女性は「タトゥーや刺青」を入れるのでしょうか?
それは、「ファッションの為」というのが、かなり大きいと言えます。
ちょっとだけ「ちらっと見えるタトゥーや刺青」は、その人の個性を表すシンボルのようにも見えて、非常にオシャレです。
また、「タトゥーや刺青」というのは、一生消えないシンボルにもなります。

ということは、「かなりの覚悟」があっていれる女性が殆ど。
なので、人生の節目節目で、「自分自身で納得する為」にタトゥーや刺青を入れられることも多いと言えます。
現代社会は昔に比べて「非常に自由」です。
タトゥーや刺青を入れることは、表現の自由の一つなのかもしれません。

タトゥーや刺青は芸能人も入れているから問題ない?

タトゥーや刺青を気軽に入れる女性の中には、「芸能人もみんな入れてるし、全然問題なくて、おしゃれじゃん!」と、思われる方もいらっしゃるでしょう。
というか、殆どの女性は、そういった動機で「タトゥーや刺青」をいれられるかもしれません。
芸能人の中で、どんな女性がタトゥーや刺青を入れているのでしょうか?

例えば、「浜崎あゆみさん」
「倖田來未さん」
「澤穂希さん」
「工藤静香さん」などです。

ちょっとセクシーな香りがする女性陣が、タトゥーや刺青を入れていると言えるでしょう。
ということは、「セクシーな芸能人もみんな入れてるから、風俗で働く時にタトゥーや刺青が入っていても、全然問題ないでしょ?」とみんな考えるでしょう。
確かに、セクシーさだけを求めれば、全く問題ないかもしれません。

ただし、問題は、そのタトゥーや刺青を「男性のお客様がどのように感じられるか?」というところに、関係がありそうですね。

風俗店で働くのにタトゥーや刺青はかなり嫌われます

いきなりですが、、「風俗店で働くのに、タトゥーや刺青が入っているというのは、かなり嫌われます」

「え?そうなの?だって、有名芸能人もみんな入れてるのに?」と、思われたあなた。

残念ですが、風俗に来る「お金持ちの男性」からは、タトゥーや刺青が入っている女性は、そんなに人気が高くないのが現実なのです。
もちろん、「タトゥーや刺青」が入っている女性の方が、セクシーさを感じて興奮する。
という男性が、ゼロなわけではありませんが、かなりの少数派だと言えるでしょう。
さらには、高級な風俗店に来てくださる男性のお客様は「ちょっと年配」で、「かなりのお金持ち」の可能性が高いです。

ということは、「女性の品格の高さ」にも、口うるさい男性であると言えますね。
そんな男性には、「タトゥーや刺青」が入っているというのは、マイナスイメージでしかないのです。
あなたも、どうせ風俗店で働くのであれば、より「効率的に給与を稼げるところ」で働きたいと思いませんか?
そうであれば、必然的に「お金持ちのお客様がたくさん来るお店」に勤めることになります。

そうした時に、お店の方から嫌われやすい女性が「タトゥーや刺青が入っている女性」ということになってしまうのです。
一時期の気の迷いで、体に負ってしまった「タトゥーや刺青」という傷が、仇となって風俗店で働くことを断られてしまう可能性も高いと言えるでしょう。
もし、風俗店で働きたいのであれば、今の「タトゥーや刺青」は完全に消してしまうか、入れる前に「ストップ」することをおすすめします。
ちょっとした事の差で、あなたの価値を大幅に下げてしまいかねません。

タトゥーや刺青が入っているだけで働けるお店が限られる

ただし、「タトゥーや刺青」が入っているだけで、全ての風俗店で働けないかと言うと、そうではありません。
もちろん、「タトゥーや刺青」が入っていても、問題なく働ける風俗店は多く存在します。
それでは、ここからは「どんな風俗店であれば、タトゥーや刺青が入っていても働けるのか?」ということを、書いていきたいと思います。
まずは、「ソフトサービスの風俗店」です。
例えば、オナクラ、などの「あまり服を脱がなくても大丈夫」なお店。
多くの風俗店では、裸になってお客様と、密着し合ってエッチなサービスを提供する。

のが基本ですが、オナクラでは基本的には「お客様のオナニーを見てあげるだけ」です。
ちょっとだけ、過激なオプションを付けても、手コキやフェラくらいで終わるので、あなたの「タトゥーや刺青」を見られてしまう可能性は少ないでしょう。
なので、ソフトサービスの風俗店では「タトゥーや刺青」の有無に関わらず、採用してくれるお店が多いでしょう。
次に、「大衆向けのヘルスやデリヘルなど」です。

ここで注意しておいてほしいのが、あくまで「大衆向けのお店」のみです。
高級なヘルスやデリヘル、ソープはNGになる可能性が高いと言えるでしょう。
では、どうして「大衆向けの、ヘルスやデリヘル」であればOKなのでしょうか?
それは、「大衆向けの比較的安価なヘルスやデリヘルを利用される方は、嬢の質にあまりこだわらないから」です。

要するに、「エッチなことが出来て、そこそこの容姿であれば、タトゥーや刺青が入っていようがいまいが、全く気にならないお客様」が、多いということでしょう。
もちろん、そんな「大衆向け」のヘルスやデリヘルでも、「タトゥーや刺青」が入っている女性はちょっと苦手で、興奮しないからNG。
と言われる男性もいらっしゃいます。
女性の好みは「人それぞれ全く違う」ので、断られても仕方がない、くらいの感覚でお店に行ってみることをおすすめします。

さらに、「大衆向け」のヘルスやデリヘルでネックになるのが「収入の違い」です。
もし仮に、あなたが、高級ソープランドで働けるとすれば、一日で10万円前後稼ぐことも可能になりますが、大衆向けのヘルスやデリヘルになると、一日辺り、4万円~5万円程度が相場になるでしょう。
例えば、「タトゥーや刺青」が無いだけで、高級ソープに勤めることが出来て、収入も毎日倍以上違うのであれば、絶対にそちらのほうが効率的だと思いませんか?
出来るのであれば、やはり、「タトゥーや刺青」が無い状態で、高級ソープ店で働くことがおすすめですが、もう、体に入っている状態であれば、しょうがないので「大衆向けのヘルスやデリヘル」を選んで、勤めてみましょう。

というように、「タトゥーや刺青」が入っていても、勤めることが出来る風俗店は色々とあります。
しかし、やはり、「タトゥーや刺青」が無い嬢に比べると、かなり稼げる効率は悪くなってしまうと言わざるを得ませんね。

風俗で働く前にタトゥーや刺青が入っていることは必ず伝える

もし仮に、あなたの体に「タトゥーや刺青」が入っているとして、その体で風俗店の面接に向かうのであれば、面接官に「タトゥーや刺青」が入っていることを必ず伝えるようにしましょう。

面接官も、まさか「タトゥーや刺青」が入っている女性が来るとは思っていない場合もあります。
「タトゥーや刺青が入っているんなら、採用はNGだよ!」と、後になって言われてしまう事もあるかもしれませんので、必ず面接時に、「タトゥーや刺青」が入っていることを伝えるべきです。
さらには、具体的に体のどの部分にどれくらいの範囲でこちらから伝えることで、面接官の印象はかなり良くなるでしょう。
逆に、面接後に発覚した場合には、あなたの印象はかなり悪くなってしまいます。

もし、「ルックスも、性格もOK」と思われていたにもかかわらず、「大切なことを秘密にしていた」と思われ、採用を断られてしまう可能性もあるのです。
ちょっとだけ勇気がいりますが、お店側に言われたり、気付かれる前に「自己申告」することが、一番重要になります。

タトゥーや刺青が入っていても一部のお店では働けます

というわけで、今回は「タトゥーや刺青」が入っていても風俗店では働けるのか?

ということを、まとめて書いてきました。
結論的には「一部の風俗店を除いては働ける」といえます。
もちろん、「高級店では働けない」ので、給料の額は減ってしまうでしょうが、全く風俗店では働けないのか?
というと、そんなことは無いという事になります。

さらには、あなたが風俗店で真面目に働き続けて、お客様から高評価を得続けることが出来れば、「もっと上のランクのお店」に勤める事も可能になるかもしれません。
確かに、「タトゥーや刺青」があるというのは、大きなデメリットになりますが、風俗では「頑張れば頑張った分だけ稼げる」のが常です。
あなたの頑張りで、逆風を跳ね返していくのも悪くないでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました