ソープなどの風俗における名刺の上手な使い方とは?

仕事内容

ソープ嬢を筆頭として、風俗で働く女性の必須アイテムといえば、名刺ではないでしょうか。
初見の男性客との最後のつながりになるマストアイテムが名刺なのです。
名刺を上手に利用することによって、苦労していた集客力が驚くほどアップすることをご存知ですか。

名刺は訪れた男性客側が差し出して自己紹介をしてくれるわけではありません。
むしろ後ろめたさを感じてソープに訪れている男性客も少なくなく、自身の個人情報が掲載されている名刺を渡すには抵抗があるという方もいらっしゃいます。
ここではソープなどの風俗における名刺の上手な使い方についてご紹介していきます。

名刺は渡すべきか渡さないで良いか

ソープを始めとして、風俗の仕事をしている場合に名刺が必要が必要でないか。
名刺を渡すべきか否かと聞かれれば、名刺を作り渡すべきと言えます。

強く印象を残すことができるアイテムが名刺

理由としては、まず単純に男性客からすると貰ってうれしいものだからです。

別れ際などに自分のことを覚えていて欲しいということで渡されたものだという風に思う男性客が多いですから、名刺を渡してもらえるくらい良かったと思ってくれたのか。
女の子も満足してくれたのかなと勘違いをしてくれます。
中には妻子持ちなどで名刺を渡されても風俗に通っていることを隠したいからとすぐに捨てて証拠隠滅してしまう方もいらっしゃいます。
しかし着用していた上着を綺麗にハンガーにかけてくれただとか、お風呂上りにタオルで丁寧に拭いてくれたといったことと同じくらいに名刺をもらったという事実は深く印象に残るものなのです。

風俗は顔を覚えてもらってナンボな部分がありますから、印象を深く残す接客というのは、身に着けておきたいもの。
それが名刺というたった一つのアイテムで実現できるなら、使わなければ損とは言えないでしょうか。

大抵は無料で用意をしてくれる

名刺を渡した方が良い理由のひとつとして、わざわざ自身で身銭を切って作らなくても、在籍している風俗店が作成してくれるというのも大きな理由です。

印刷料金を含め、デザインなども考える必要がありますが、お店持ちで大抵の場合は作成してくれるため、使わなければ損と言えるのです。
ソープの場合には、店名と名前、お店の電話番号、ホームページのURLなどが記載されているだけのシンプルなデザインのものが多いです。
また名前は手書きにするといったソープも少なくありません。
自分で源氏名を書けば、立派な名刺の出来上がりですから、ノーコストで名刺が作れるのであれば、利用しない手はありませんね。

本指名を確保するのに便利なアイテム

何となくといった感じであったとしても、風俗に来て自分を指名してくれたわけですから、その縁をしっかりと掴み、次回来店してもらう際には、本指名をしてもらいたいと思うのが普通ではないでしょうか。
精一杯サービスを提供し、お客さんも満足してくれている様子。
そこでダメ押しとなるのが名刺を渡すというアクション。

名刺という物品があるかないかで記憶が薄れても名刺を見るだけで思い出すことができる。
他にも相手に自分の印象を植え付けられるという効果があります。
何も渡さずにさようならといったケースと比べ、与える印象の度合いは全く違ってくることを覚えておきましょう。
初対面だったとしても、普通の初対面ではありえない裸の付き合いをしたいというインパクトが高い出会い。

親密な人間にも見せたこともない露わな姿を見せあった場面で渡されたたった一枚の紙こそ、男性客と風俗嬢を結びつける確かな絆となるわけです。
またムラムラとしたとき、ふとしたきっかけで名刺を見ることによって、あなたの姿を思い出すことになります。
小さなことからもしれませんが、名刺を渡すことで本指名客獲得の布石となるのは確実なのです。

世界で一枚だけのオリジナル名刺を渡す

ただ単純に自分の源氏名を記入して、渡すというだけでは味気ないものです。
風俗の名刺は一般職の名刺とは違います。
手書きができるという点でいくらでもオリジナル色が高い名刺を作成することが可能なのです。
名前の他にもいろいろなメッセージを記載することで、本指名につながる可能性が高くなりますから、指名につながる名刺作成方法のコツを覚えておきましょう。

定番の基本型メッセージ

ソープなどの風俗で名刺を渡す場合には、手書きができるケースがほとんどなので、オリジナリティあふれる名刺を作成することが可能になります。
その最たるものがメッセージを入れるというもの。
ご来店ありがとうございます。

また来てねといった簡単な内容でも構いません。
「今日は指名してくれてありがとうございます」
「またのご利用をお待ちしてます」
この2つの文章はテンプレート的に利用していくと良いでしょう。

ただし誰もが思いつく無難な内容になりますから、他のソープ嬢や風俗嬢との差別化を図れるかというとあまり効果はありません。
接客時に自分が使っていた言葉づかいに寄せて文章を書くと、ぐっとオリジナリティが出てきます。
例えば、「今日はありがとうございましたぁ(ハートマーク)またお会いできると嬉しいなぁ~(顔文字)」といった感じです。
最低限の礼節は守りながらも、ちょっと近しい営業をしている女性であれば、ある程度にフランクな内容にするとキャラが立つというもの。

前述にもありますが、あなたという女性の印象を深く残すことができるアイテムなのですから、一緒に過ごした時間に使っていた言葉づかいを用いてメッセージを作成することがおすすめなのです。

基本型にプラスアルファしたメッセージ

接客時の言葉づかいを用いたとしても、内容がスタンダードすぎてしまうため、基本形のメッセージ内容だけでは、そこまで他の風俗嬢との差別化を図ることは難しいものです。
そこで基本型にプラスアルファの工夫をすることで、他のソープ嬢とは一味違った名刺を作成することが可能になるのです。

その最たるものが、名前を入れるというもの。
前述の基本形に足すと以下のような感じになります。
「○○さん今日はありがとうございましたぁ(ハートマーク)またお会いできると嬉しいなぁ~(顔文字)」といった感じです。
自分の名前を憶えてくれたということに感動を覚える男性客も少なくありません。

接客中は気を抜かず、例え偽名だったとしても、名前を憶えて入れておくことをおすすめします。
更にインパクトを強くしたければ、接客中にあったことを少しメッセージに入れ込むという方法も挙げられます。
「○○さん今日はありがとうございましたぁ(ハートマーク)実は舐め方がめちゃくやさしくで本気で感じちゃってましたっ(恥ずかしい顔文字)」といった感じです。
更にオリジナリティとインパクトを高めたいのであれば、接客中の出来事をより詳しく取り入れた名刺を作成するようにしましょう。

「○○さん今日はありがとうございましたぁ(ハートマーク)実は舐め方がめちゃくやさしくで本気で感じちゃってましたっ(恥ずかしい顔文字)仕事のことは心配かもしれないけど、土日はゆっくり休んでくださいね☆」といった感じです。
接客中に仕事が忙しいという話が出て、休日返上で仕事をしているなんて話を聞いた場合には、このようなメッセージを入れることで、自分の話をしっかりと聞いていてくれたんだと感動するものです。
男性のみならず女性でも、自分の話をするという行為は、快感につながるものです。
吐き出すことでストレス解消につながりますし、しかもそんな他愛のない会話の内容をしっかりと覚えてくれており、心配までしてくれいる。

これに感動しない男性客は存在しないでしょう。

自分の名前はしっかりと入れよう

名刺に自分の名前が書いているからといって、メッセージの後に何も入れないのではそっけなさを感じさせてしまうものです。
このため必ず文末には自身の源氏名を入れておくことをおすすめします。

「○○さん今日はありがとうございましたぁ(ハートマーク)実は舐め方がめちゃくやさしくで本気で感じちゃってましたっ(恥ずかしい顔文字)仕事のことは心配かもしれないけど、土日はゆっくり休んでくださいね☆○○より(ハートマーク)」といった感じです。

次に来店してくれたとき期待させるような言葉を入れる

接客中のことを覚えるのが苦手という場合には、次に来店してくれたときにより期待を感じさせるようなメッセージを入れることをおすすめします。
例えば、「次はもっと激しく責めてもらいたいな」だとか「次はもっと気持ちいいことしようね」だとか、「次にお会いするまでには、もっとすごいテクニックを身に着けておくつもりなので期待しててね」といったものです。

注意点としては、「次は」といった文言や、「次にお会いするまでには」といったような文言です。
このようなフレーズを入れてしまうと、「いかにも営業用のメッセージ」と受け取ってしまう男性も中にはいらっしゃいます。
このため、男性客をプレイ時間のみという短い時間ではあるものの、大丈夫なタイプか否かを見極めて、使用しても良いと判断した男性客にだけこのようなメッセージを送ることをおすすめします。
どこまで男性客とのプレイ中に仲良くなれたのか。

接近することができたのかによって、さじ加減を考慮する必要がありますので、なかなか難しいポイントでもあります。
臨機応変に対応するようにしましょう。
このように風俗の接客にもポイントがあり、きっちりと押さえて営業をすることによって、次につながるようになるのです。
相手の性格が単純で細かいことを気にしなさそうといったタイプであれば、ストレートに「次もご指名待ってますね!」とメッセージを入れた方が効果が高いと言えるでしょう。

名刺を渡すときに覚えておきたいマナー

一般職の社会人同士が名刺交換をする際にはルールがあるように、ソープなどの風俗での名刺を渡すときにも最低限のマナーというものが存在しています。
まず渡すタイミングですが、これまで見て頂ければわかるとおり、メッセージを入れる必要があるため、名刺を渡すのはプレイが終わった別れ際がベストです。
ここら辺は一般的なサラリーマンとは真逆ですね。

他にも事前に確認しておくべきことがありますから、覚えておきましょう。
名刺を渡して良いかどうかを事前確認する
風俗嬢から名刺をもらうことに抵抗がある男性客もいらっしゃいます。
彼女にバレたくない。

妻子があり、家族に風俗に行ったことをバレたくないといったタイプの男性客です。
このため名刺を渡す前に「名刺はお渡ししてもよろしいですか?」という断りを必ず事前確認することをおすすめします。
中には良かれと思ってサプライズ的に勝手に上着の内ポケットなどにメッセージ入りの名刺を忍ばせたりするといった渡し方をする女性もいるようですが、はっきり言って逆効果です。

本当は彼女がいたり、妻子持ちでも、それを会話の中で正直に言わない男性客も多くいらっしゃいます。
会話の中で彼女も奥さんもいないから大丈夫だろうと勝手に判断するのは大きな間違いです。
このようなことを言われていたとしても、名刺を渡しても大丈夫かどうかを事前に確認するように心がけましょう。

言葉を添えることも忘れずに

名刺にメッセージを記載しているからといって、黙って渡すのは効果が薄れてしまいます。
「今日はありがとうござしました」
「またお会いできたらとっても嬉しいです」
このような言葉を添えて名刺を渡すと効果は倍増しますから、せっかく営業のために名刺をお渡しする場合には、きっちりと言葉を添えるようにしましょう。

裏技的な方法としては、別れ際に「○○さん、私の名前って憶えてくれてます?」なんて質問をしてみましょう。
このときに密着をして胸を押し当てながら行うと、かなりあざとい系女子の振る舞いですが、かなり効果が得られます。
覚えていたらご褒美のキス。

忘れていたら「ちゃんと覚えて下さいね」などと言いながら名刺を渡すといった方法もあります。

まとめ

いかがでしたか。
ソープを筆頭に風俗で働く女性にとって、リピーターを増やすために名刺を作成して渡すというのは、非常に効果が高いアクションと言えます。

一期一会のニュアンスが強いからこそ、ほんのひと時ともいえるプレイ時間内でインパクトを残すことが重要です。
特に別れ際は印象が強く残りやすいので、オリジナリティの強い名刺を渡すのは非常に効果が期待できるのでおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました