風俗店で稼ぎたい方必見!風俗店で効果的な営業メールの作り方をご紹介

お悩み・疑問

キャバクラではよく営業メールが作成されますが、風俗店で営業メールを作成している方は少ないですよね。
お客さんを増やして収入を増やそうと思うとき、営業メールが手助けになるのです。
高収入の風俗店の女の子は営業メールを使いこなしていることが多いです。

効果的な営業メールの作り方をご紹介します。

風俗店で営業メールを作成するメリットは?

営業メールを作成する大きなメリットは、お客さんが集まることです。
営業メールを送ることで、お客さんの気を引くことができるのです。

また、頑張って営業メールを作成することでお店での評価が上がり、収入がアップしたり、積極的にお客さんを回してもらえたりするケースもあります。

効果的な営業メールの作り方

営業メールを作ろうと思っても、慣れていないとどのように作成すれば良いか分からないという方もいますよね。
お客さんから好印象を持ってもらうためには、コツがあります。

コツを掴んで、効果的な営業メールを作りましょう。

定期的に営業メールを送る

お客さんに営業メールを送ったとしても返事がないことは多いです。
お客さんに嫌われているのではないかと思い、気にしすぎる人もいますが、それほど気にする必要はないのです。

男性はまめに返信しないことが多いです。
仕事が忙しくて返信できないケースもあるでしょう。
返信がなくてもメールを送り続けていると、息抜きしたいと思ったとき、きっと来店してくれるのです。
ずっとメールを送り続けてくれた女の子には会いたいという気持ちになるでしょう。

短文のメールにする

あまりにも長文のメールを送ると、読むのが面倒と思われてスルーされたり、重いと感じられたりする可能性があります。
シンプルなメッセージの方がしっかり読んでもらいやすいでしょう。

写真や動画付きのメールにする

営業メールは文章のみだと、つまらなく感じられることがあります。
自撮りの写真、動画があると、男性に喜ばれるでしょう。
かわいい写真が送られてくると、会いたいという気持ちになってくれる可能性が高いのです。
しかし、写真の撮り方には注意が必要です。

同じ写真を使いまわしたり、手抜きと思われるような写真になったりしないようにしましょう。
動画は手間がかかりますが、より効果的です。

営業メールで写真を送る際はセクシーさをアピール

営業メールで写真を送る際は、セクシーさをアピールしましょう。

胸元など男性が喜ぶ部分を明るい場所で撮影するのがポイントです。
暗い場所では、画質が悪くなりがちなので注意しましょう。
相手の好みが分かれば、その部分を撮影するとより好感度がアップします。
また、写真を撮影する際は手ぶれしないようにしましょう。

画質の良いきれいな写真を送ると、印象が良くなります。

お客さんがうれしくなるような動画を作成する

最もオリジナリティが出やすいのは、動画付きの営業メールです。
セクシーさが伝わる動画を作成したり、動画の中でお客さんの名前を呼んだりすると、うれしくなって来店してくれる可能性が高まるでしょう。

営業メールを送る時間帯に注意が必要

営業メールは送る時間帯が非常に重要です。
タイミングが良ければ、じっくり営業メールを見てもらえるので、来店してくれる可能性が高いです。
しかし、タイミングが悪いとスルーされてしまう可能性があるのです。

営業メールが効果を発揮するよう、おすすめの時間帯についても知っておきましょう。

お客さんの気持ちがブルーになっている時間帯は効果的

気持ちがブルーになっているときに、女の子からのメールが来るとうれしくなるお客さんは多いです。
土日休みの場合は、週の始めの月曜日は気持ちが落ち込んでいるでしょう。

そのようなタイミングで励ましのメールを送るというのもありですね。

メールを送るのは平日が効果的

土日などの休みの日はいつでもメールを見てくれそうというイメージがありますが、営業メールに関しては平日の方が効果的です。
仕事中は気持ちが落ち込んでいることが多いので、ついつい誘惑に負けてしまうのです。

休憩時間などちょっとした空き時間でメールを見る人は意外と多いです。
逆に、土日などは出かけていてメールをスルーされる可能性があります。

夜にメールを送るのは避ける

夜に営業メールを送るのは避けるのは無難です。

夜は家族と過ごしている時間ですし、飲み会が入ることもあるので、あまり営業メールをじっくりと見てもらえないでしょう。
そのままスルーされる可能性が高いです。

まとめ

営業メールは、お客さんを集めるのに非常に効果的です。

営業メールの作成ポイントを知っておくと、絶大な効果を発揮するでしょう。
また、営業メールに関しては、送る時間帯も大切です。
男性は、辛いときや寂しいときに風俗店に来たいという気持ちになるので、ブルーになっている時間帯はチャンスかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました