風俗店が借金返済をサポート!風俗嬢の借金返済方法を徹底解説!

お金

多額の借金を抱えて悩んでいる方がいるのではないでしょうか。
風俗店は一般的に収入が多いイメージがあるので、借金返済を目的に風俗店で働こうという方もいるでしょう。
風俗店では日払いで収入が入るケースがほとんどですし、もらえる金額も多いため、借金返済の費用を確保しやすいというメリットがあります。

また、風俗店が借金返済をサポートしてくれる制度があることもあるのです。
借金返済に困り、風俗店へアプローチしようとしている方向けに、風俗嬢の借金返済方法をご紹介します。
気になる方は見てみてくださいね。

風俗店で働いて借金返済が可能

風俗店で収入を得て、借金返済をする人もいます。

デリヘルで借金返済

風俗店として、店舗数が多いのはデリヘルですよね。
働いている女の子も多いです。

デリヘルでは一般的に3、4万円の日給がもらえることが多いでしょう。
個人差はもちろんあります。
日払いなので、すぐにお金がもらえるというのも魅力です。
デリヘルで3万円の日給をもらった場合、月に20日間出勤するとすると、月収は60万円にもなるのです。

月給60万円あれば、借金の返済も実現するでしょう。

副業として風俗店で働く

現在の給料が少なくて、なかなか借金を返済できないという人もいますよね。
風俗店を副業とする場合、高額な金額を稼ぐことが可能となります。

風俗店は短期間で高収入が得られるのが魅力の一つなのです。
風俗店は掛け持ちを禁止しているケースがありますが、風俗店以外ならOKというケースが多いです。
相談してみるのもありでしょう。

ソープ嬢としてがっつり稼ぐ

借金を早く返済したいという方は、ソープで働くのがおすすめです。
ソープは収入が高いので、1月で数百万円稼ぐことも可能です。
風俗店の中でも、桁違いに給料が高いのです。
しかし、ソープの中でも収入には違いがあります。

通常、男性の利用料金の6割程度が収入になることが多いですが、お店によって様々です。
男性の利用料金が高いほど、収入も多くなるでしょう。
また、お店のランクによっても給料が違います。
超高級店と格安店では給料に差があるでしょう。

ソープで働く際は、給料に関しても確認しておくことが大切です。

風俗店で働いていても借金ができる風俗嬢がいる

風俗店は、収入が高いイメージがありますよね。
お店や女の子の能力、サービス内容によっても異なりますが、通常であれば、1日3、4万円程度稼ぐことが可能となります。

稼げる女の子は1日10万円以上ということもあるでしょう。
風俗店の日払いの収入に対しては、社会保険、税金が天引きされないため、貯金額は多くなるはずです。
しかし、風俗店で働くと、給料が毎日万単位で入ってくるので、金銭感覚がおかしくなり、気づいたらほとんど貯金できていなかったり、借金が高額になっていたりするケースがあるのです。
風俗嬢は自己管理をしっかりすることが重要になります。

風俗店では自己破産の前に助けてくれる制度あり

多額の借金を抱えてしまい、どうすれば良いか分からないという方もいますよね。
自己破産するしかないと、あきらめるケースもあるでしょう。

自己破産をするのは簡単ですが、資産の差し押さえをされるので、デメリットも大きいのです。
車なども差し押さえられてしまいます。
さらに、ローンなどを組むこともできなくなるでしょう。
自己破産は将来の生活に関わってくるので、慎重に考えなければなりません。

そんなとき、手助けしてくれるのが風俗店なのです。
風俗店には、家の借金を抱えていたり、夫からのDVがあったり、トラブルで家出をしたりした女の子が働いているケースが多いです。
そのため、それぞれの事情を理解してくれるお店が一般の会社よりも多くあるのです。

給料前借り制度

借金返済の手助けをする制度として、借金前借り制度があります。
風俗店の中でも、デリヘル、ソープは高収入になります。
デリヘル、ソープでは給料前借り制度があるケースが多いのです。
バンス制度と言います。

バンス制度は、風俗嬢が風俗店に借金する形になりますが、しっかり返済すれば問題はありません。
風俗業界では、お金を借りるというのはよくあることなのです。
バンス制度では、数十万円程度お金を受け取ることができます。
バンス制度は、全ての風俗店であるわけではないので、事前の確認は必要です。

利子なしで融資を受けられる

バンス制度では、基本的に風俗店から利子なしで融資を受けることができます。
借金の返済が長引くと利子が発生するため、それを止めることのできるありがたい制度なのです。
お店から無利子でお金を借り、借金の返済にあてます。

利子が増えるのを防ぐだけで、借金の返済はかなり楽になるのです。
ソープで対応してくれるケースが多いので、相談してみると良いでしょう。

風俗店が借金の債務整理をサポートしてくれることがある

風俗店には、借金を抱えている女の子が所属しているケースが多いです。

風俗店の中には、債務整理をサポートしてくれたり、間に入って手助けしてくれたりするケースがあるのです。
求人情報に借金返済サポートを記載してアピールしているお店もあります。
手厚い対応をしてくれるお店に対しては、お店に還元できるよう努力する必要があるでしょう。

新人でも風俗店からお金を借りられる

借金返済を目的に風俗店で働く場合、すぐにお金を借りられるか不安という方もいますよね。
バンス制度を導入しているお店では、新人でも借金返済のためのお金を借りることが可能です。
金額はお店、人によって変わりますが、借金の返済には大きな手助けになるでしょう。
人気の女の子は、数百万円借りられることもありますが、信頼関係の築けていない新人の場合は額は低くなる傾向にあります。

しかし、少しでも無利子で現金を借りられるというのは、借金で悩んでいる女の子にとってはすごくありがたいことなのです。

バンス制度を利用するデメリット

お店によっては利子がつく可能性がある

風俗店は貸金業の登録をしていないので、お金を貸す行為は法律的にグレーゾーンになります。

風俗店では、口頭で簡単にお金を貸してくれるわけではないので、正式な書類を記載しなければならないのです。
バンス制度に関しては、無利子で貸してくれるケースがほとんどですが、多少利子をつけるお店もあります。
バンス制度を利用する際は、利子についても確認しておく必要があるでしょう。

風俗店に対する借金ができる

バンス制度を利用すると、お店に対する借金ができてしまいます。
風俗店は、精神的、肉体的なストレスが大きいので、体調を崩して途中で働けなくなることもあるでしょう。
しかし、風俗店に対する借金があると、体調を崩しても体を使って返済しなければならないのです。
音信不通になろうとしたとしても、借金をする際に公正証書や借用書を作成しているので、逃げられなくなります。

風俗店側の立場が優位になる

バンス制度を利用してお金を借りると、立場は風俗店側が優位になります。
全額借金を返済するまで、レギュラーで出勤させられたり、人が少ないオープンの時間帯やラストの時間帯まで勤務させられたりするケースがあるでしょう。
また、必ず半年は勤務するなど、お店によって条件があるケースがあります。

事前に納得して利用する必要があるでしょう。

風俗嬢でもスムーズに借金の債務整理ができる?

風俗店で働いていると、債務整理をする際のハードルが高くなるのではないかと不安に感じる方もいますよね。
借金を返済しようと、高収入の風俗店で働く女の子もいますが、ストレスが大きすぎたり、借金額が多すぎたりしてどうしようもなくなるケースもあるでしょう。

数年間、借金返済にかかるのが嫌で、何とかしたいと思う方もいるでしょう。
借金返済の最終手段としては、自己破産があります。
しかし、風俗店に勤務してると、債務整理の手続きをする際に風俗店で働いていることが知れ渡るのではないかと不安になり、抵抗を感じる女の子もいるのです。

債務整理の際、職業を風俗嬢と記載する必要はない

例えば自己破産する際、自己破産申立書というものが発生します。
申立書には、職業を記載することになっており、正直に記載することが必要となります。
しかし、風俗嬢と記載する必要はないのです。
具体的に記載しなくても、サービス業もしくはアルバイトという記載でも可能です。

また、具体的な店舗名を記載すると風俗店で働いていることがばれてしまいますが、親会社がある場合、親会社名を記載することで、曖昧にすることが可能となります。

弁護士へ風俗店で働いていることを申告する必要なし

債務整理をする際、自力で進めるのは難しいので、弁護士、司法書士を頼るケースがありますよね。
しかし、風俗店で働いていることを申告したくないという方もいるでしょう。

職業に関しては、正直に申告する必要がありますが、具体的に風俗店で働いていることを伝える必要はありません。
接客業、サービス業という大きなくくりで答えることは可能なのです。
また、弁護士、司法書士に関しては、守秘義務があるため、風俗店で働いていることが分かったとしても、周囲に漏れることはありません。

まとめ

風俗店で働くことに関しては、精神的、肉体的な負担が大きいなどのデメリットはありますが、借金返済に関しては強い味方になるケースが多いです。
どうしようもなく自己破産をしようとしている方は、風俗店で働くという意思があるのであれば、一度相談してみる価値はあるでしょう。
バンス制度などがあり、無利子でお金を貸してくれる風俗店もあります。
しかし、借金が高額でどうしようもない場合には債務整理の手続きを取る必要があります。

その際に、風俗店で働いていることがネックになって抵抗を感じる方もいますが、様々な対策があるので、知っておくと良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました