マンヘルが魅力的でも働くのに慎重になるべき理由

仕事内容

関西エリアを中心に流行した風俗といえば、マンヘルと答える風俗マニアは多いことでしょう。
しかし風俗に詳しくない女性が求人などで見つけた場合、どういった風俗なのか分からなければ不安になるものです。
ここではマンヘルとはどういった風俗なのか。

また仕事内容や報酬など待遇面はどのようなものかをご紹介していきましょう。

マンヘルってどんな風俗なの

まず結論からですが、マンヘルというのは、マンションヘルスの略称になります。
ヘルスサービスを提供している風俗といえば、箱ヘルと呼ばれる店舗を構えて営業をしているファッションヘルスを筆頭に、お客さんの要望に応じてプレイ場所が変化するデリバリーヘルス(デリヘル)。

風俗店と契約したホテルがプレイ場所になるホテヘルなどが挙げられます。
マンヘルは、どちらかといえば、それぞれの風俗店が所有しているマンションの一室をプレイルームとして利用するため、店舗型のヘルス店に近い業態といえるでしょう。
プレイ内容は表向きはファッションヘルスのそれと同様で、フェラや手コキ、素股などを使って男性客を射精に導くといったものになります。

マンヘルが生まれた背景

マンヘルが生まれたのは、大阪万博の開催に際し、エリアの浄化作戦を行ったためと言われています。
街の景観や治安改善という名目で、風俗店への取り締まりが強化され、店舗型の風俗店の新規出店ができないようになってしまいました。
このため規制の網をすり抜けるためにマンションの一室を貸し切り、営業をするという新しい風俗スタイルが生まれたわけです。
このように法律の変化による風俗業界に対しての規制と、それを潜り抜けるための新しい知恵のイタチごっこを繰り返した結果、世界一ともいわれる風俗の種類を持つ国となったわけです。

マンヘルもその典型的な背景から生まれた風俗と言えるでしょう。

フロアを貸し切って営業をする豪快なスタイル

当初はマンションのワンフロアの2室から3室を借りて営業をしていたマンヘルもありましたが、住人ではない人間の出入りが多いことに不審を持った住民からの密告やクレームがあったことから、マンションのワンフロアを貸し切って営業をするメンヘルが急増しました。
フロアの一室を受付や待機部屋などにし、他の部屋はプレイルームという豪快な営業スタイルを行っていたわけです。

受付のある部屋を訪れて、指名したマンヘル嬢を選びます。
指名する女の子はすでにフロアのどこかの部屋へと待機している形となっており、お客さんはプレイをしたい女の子の部屋を訪れるという方になるわけです。
一般的な箱モノ風俗店も、同じ店舗内にあるものの、プレイルームはそれぞれの女の子独自の空間といった感じがありますが、その独自感が強くなるとイメージしやすいのではないでしょうか。

いかにも風俗店といった箱モノ風俗のデメリットをなくした新鮮さ

マンヘルが爆発的な人気を博したのは、一般的な風俗店の場合には、有名歓楽街のピンク色のネオンやド派手な看板が輝く中で、いかにも風俗に来ましたといった恥ずかしさを持つことなく利用できることです。
一般人も普通に暮らしているマンションのワンフロアにプレイルームがあるわけですから、外観も普通の集合住宅であり、周囲の目も気になることは一切ありません
マンヘル嬢が待つ部屋を訪れるスタイルなので、まるでマンヘル嬢の自宅を訪れているかのようなドキドキ感が味わえます。
疑似恋愛を求めて風俗を利用される方や、素人好きな風俗マニアには、このシチュエーションはたまらないわけです。

個室があるとはいえ、一般的な箱モノ風俗店では、やはり風俗感が強く淡々とプレイをこなしているといった感じがあるものですが、マンヘルは二人だけの空間という独特の雰囲気を味わうことができるのです。
いかにも風俗店という雰囲気がないことに新鮮さを感じた男性客がこぞって訪れることになったのも頷ける話といえるでしょう。

驚くほど安い料金設定

マンヘルが爆発的な人気を博したのは、箱モノ風俗店特有の要素を排除できたといったことの他にも、料金設定が驚くほど安かったということも挙げられます。

というのも、はっきり言って二人だけの空間になることから、暗黙の了解本番行為も認めていた完全違法な風俗がマンヘルなのです。
細々と営業を続けたとしても、いつかは情報が漏れ、長期間の営業はできないということは経営者も把握していたはずです。
このため短期間で利益を出さなければならないことから、ヘルス系のお店の中でも激安店レベルの料金設定で遊ぶことができました。
このお忍びでマンションを訪れなければならないことや、料金が安いといったことによる背徳感と新鮮味が風俗マニアの男性客には堪らなかったわけです。

当然に噂は広がり、マンヘルは衰退の一途をたどることになったわけです。

マンヘルの待遇について知りたい

マンヘルははっきり言ってしまうと、規制の網の目を潜り抜けようとしながらも、完全に違法で網に引っかかったもぐりの風俗ジャンルと言えます。
ただし、マンヘルが誕生したことをヒントにして新しく誕生した風俗業種が「ホテヘル」になります。

箱モノ風俗店とは違うものの、ラブホテルの一室で性サービスを受けられる。
箱ヘル以上マンヘル未満の新鮮さを感じられる風俗がホテヘルというわけです。
それでは気になるマンヘルの待遇面を紹介していきましょう。

バック率等は一般風俗と一緒

マンヘルも一般的な風俗と一緒で、完全歩合制の給料システムを採用しています。
完全歩合制とは、あらかじめお店が設定しているプレイ料金をお店と女の子とで分けるといったシステムになります。
そのバック率も通常の風俗と同じで50:50か60:40で女の子といった感じになっていることがほとんどです。
1時間のプレイ時間で1万5000円から2万円といったところが相場になりますから、実際に女の子が手にすることができる報酬は、1プレイ毎に8000円から1万円となります。

延長があれば延長料金が。
またオプションプレイを許容してお客さんが利用すれば、オプション料金が女の子に入り、報酬が上がるシステムになります。
これらの部分も通常の風俗店と全く変わりませんね。
延長料金、オプションプレイ料金、指名や本指名があった場合の報酬は全て女の子にキックバックされるか、そこも折半するのかはそれぞれのお店や女の子によってまちまちです。

このため、働く前にそこら辺の話はきっちりと明確化させておく必要があります。

マンヘルで働くにはリスクが高い?

マンヘルは、そもそも規制を潜り抜けるためにもぐりで始めた風俗業種になります。
はっきり言ってしまうと、グレーゾーンを通りこして、限りなく黒に近い風俗業といえます。

摘発をされてしまえば、言い逃れができず、営業許可も得ていないというお店で働くということは、働く女の子にとっても、いつ職場がなくなるかもしれないというリスクと常に隣り合わせで仕事をしなければならないという切羽詰まった状況と言えるのです。
中には無許可で行っている商売だからと開き直り、ファッションヘルス店では認められていない本番行為をさせているマンヘルも多く存在していました。
働く女の子にとってみると、とんでもない話ですが、「マンヘルなら本番にも持ち込める」といった噂が広がったお陰で、マンヘルの知名度や需要が一気に高まったという背景があるのも事実なのです。
ソープ嬢の給料が60分で3万円以上に対して、前述にあるように半額程度の報酬で働かされるわけですから、働く女の子にとってはたまったものではないという料金設定だったといえます。

風俗の取り締まりが厳しくなったことに加え、風俗業界の中でも、マンヘルは割に合わないということで、爆発的に人気は出たものの、芸人の一発屋のように、一気に衰退したのもうなずける話と言えるでしょう。

マンヘルで働く際の注意点

マンヘルの良いところを利用して現在の風俗業界の地位を確保したホテヘルですが、ごくごくたまにマンヘルの求人を見かけるケースも存在します。
マンヘルとは明記しないまでも、マンションの一室での接客などと記載されているのであれば、そのお店は紛れもなくマンヘルと言えます。

魅力的な求人であってもマンヘルであるなら、入店を決める前に注意する点がありますので、是非覚えておきましょう。

給料が高すぎる場合は本番の可能性有り

マンヘルは良くも悪くも違法な風俗になります。
このため、ある程度に女の子への報酬を高めに設定し、短期間で利益をあげ、手が届く前にあっさりと撤収してしまおうなんていうような営業スタイルのお店も存在しているのが事実です。

一般的なヘルス業よりも報酬が高めに設定していたとしても、実は働く女性には内緒にしていて、お客さん側には交渉次第で本番もOKなんて宣伝をして集客しているお店も少なくありません。
ですから、事前に求人などの文言だけで働くことを決めるのではなく、男性向けに公開されているホームページや、インターネット上の体験談、口コミサイトなどで情報を収集し、実情を把握するようにしましょう。
前述にあるように激安店として分類されるような箱ヘル店やデリヘル店と同じような待遇がスタンダードだった待遇がマンヘル店です。
あからさまに通常のヘルスサービスよりも待遇が良い場合には、本番有ではないかという風に勘ぐってしっかりとリサーチした後に働くかどうかを決めることが重要になります。

本番有りなうえ、摘発される可能性もあるお店で働き、それに見合った報酬が確約されているかどうかは、冷静に判断すべきです。

ペナルティを請求するより劣悪店も存在する

在籍する女性には、ヘルスサービスのみとい情報を流し、お客さんにも表向きはヘルスサービスを提供しているお店だと宣伝をする。
その一方で、経営者やその周辺スタッフがインターネット上の掲示板や体験談などを使い、本番ができるというような噂を流します。

それに期待をして来店した男性客が交渉をして本番行為に及んだ瞬間に本番行為は禁止されているのに女の子に強要をしたなどという理由で、お客から慰謝料や違約金を奪おうとするような詐欺集団が運営をしているマンヘルも少なくありません。
そもそもが違法店
ならば短期間で荒稼ぎを使用と考える
その上で既に法律を破るリスクを犯しているのだから、なんでもありといった具合に美人局のような営業を行うことを前提にしているマンヘル店も存在しています。

事情を知らないのはお客さんと働く女の子。
甘い汁は全て経営者が吸い上げ、損をするのはお客さんと女性キャスト。
悪質店を通りこして、劣悪店、極悪店と表現しても大げさではないような風俗も残念ながら存在していますから、働くか否かを決める際には、細心の注意を払うことをおすすめします。
こちらも求人情報などを見るだけでは、把握することは不可能ですから、インターネットを中心として、情報収集することをおすすめします

まっとうな風俗店を装ったマンヘルに注意

大手の求人媒体に求人情報が掲載されているからといって、最初から信用するのは危険というのが風俗におけるスタンダードな考え方です。
中には法律を遵守しているホテヘルやデリヘルを装い、その実、違法なマンヘルを行っている業者も珍しくありません。
風俗という人間が求める欲求の中でも高い欲を利用して稼ぐ風俗業だからこそ、その欲求を悪質に利用しようとする業者が絡んでくることが予想されます。

マンションの一室を用意なんて甘い誘い文句を巧みに使って女の子を集める違法店も多いですから、待遇面だけの情報で判断をせず、冷静に判断するようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか。
マンヘルはマンションヘルスといって、残念ながら日本の法律では違法店に分類され、いつ摘発されてもおかしくない風俗のジャンルになります。

新鮮さや背徳感を感じられることから、一気に人気は爆発したものの、もともとは黒よりのグレーな風俗であったため、逮捕を恐れた風俗客が一気に離れてしまった風俗ジャンルになります。
現在でもたまに求人を見つけることができたり、逆に箱モノ風俗やホテヘルを謳って、その実、マンヘルだったというケースもありますから、応募をしたり実際に働き始める前にきっちりとリサーチ作業を行い、自身の選択は正しいのか否かを冷静に判断するようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました