風俗で暇を持て余さない!待機時間を減らす働き方とは

仕事内容

風俗はサービス業です。
このため、暇は時は暇ですし、忙しい時は、非常に忙しくなります。
人気があれば、常にお客さんが訪れ、その分報酬も上がるといった次第です。

待機時間が長く、暇を持て余している風俗嬢を「お茶引き嬢」などと業界では言われていますが、風俗業界で働くうえで、暇を持て余して待機時間が長くならない働き方のコツをご紹介しましょう。

風俗の仕事は完全歩合制

風俗の仕事はサービス業であり、完全歩合制を採用しています。
つまり、一般的なアルバイトなどとは違い、1時間そこにいれば、何をしようとしまいといくらといった報酬が得られる仕事ではありません。

お客さんから指名されたり、お店から指名されてお客さんの相手をして初めて報酬が発生するという歩合制を採用している風俗店がほとんどです。
つまり、待機している時間が長く、暇を持て余している風俗嬢は、稼ぎが少ない風俗嬢として稼ぐことができず、場合によっては一般職と同様、もしくはそれ以下の稼ぎしか得られない状態になってしまいます。
そこで暇を持て余し、出勤時間のほとんどを待機時間に使わないための稼ぐためのポイントをここでは紹介します。

暇を持て余す待機当たり前風俗嬢の過ごし方

待機が多い風俗嬢=ダメな風俗嬢と自覚するようにしましょう。
指名されないということは、それだけお客さんのニーズが少ないという証拠です。
またフリーで入ってくるお客さんの相手にもお店側から指名されないということは、それだけあなたの接客に問題があるという証拠でもあります。
中には勘違いをして、店長や男性スタッフに嫌われているから、フリー客を回してもらえないというような被害者妄想全開の女性もいらっしゃいますが、お店側としてはいくら身内のスタッフに評判が良くなかったとしても、お客受けが良いのであれば、売り上げを優先してフリー客の相手をしてもらうというのが一般的です。

自身の落ち度を他者のせいにして現実逃避するのではなく、暇嬢に堕ちてしまったことを自覚することから始めましょう。
万年お茶引きをしているような暇嬢の共通点としては、待機中にはスマホでネットサーフィンをしていたり、ゲームをしたりして時間をつぶしています。
他にも寝てしまったり、雑誌や漫画を読む。
お菓子などの間食をしたり、テレビやポータブルゲーム機を持ち込んでゲームをするなどをして時間をつぶすといった女性が多く見られています。

はっきり言ってこのような危機感ゼロの過ごし方をしている限り、風俗業界で稼ぐことはできないと言えるでしょう。

待機をするだけの暇嬢になるな!風俗で稼ぐためには

暇だからといって、待機中にスマホゲームなどをして自由に過ごすのは、プロの風俗嬢としてはあり得ない行動をしていると言っても過言ではありません。
何もしなければ、暇を持て余し、無意味な待機時間を過ごすというルーティンを変えることはできません。

そこで暇な待機時間を減らすための方法をご紹介します。

写メ日記を更新する

近年ネット環境が充実したため、それぞれの風俗店が義務化しているのが写メ日記というものです。
在籍している風俗嬢にSNS上で日記を書かせて営業活動をさせるといったもの。

訪れてくれたお客さんへのお礼や、営業活動が十分に行うことができる強力な宣伝ツールのはずなのに、有効活用していない風俗嬢の多いこと。
風俗店のスタッフに更新してくれと命令されてしぶしぶ行っているようでは、暇嬢からの脱却は期待できません。
お客受けを狙い、真剣に文章を書いて、男性の性欲を沸かせるくらいのエロな写メを載せて集客をする。
「今日は暇だ」とか「○○食べた」。
「テンション低い」などというような一言だけの全くやる気の感じられない適当な写メ日記を更新するくらいなら、行わない方が無難です。
自身が接客したくてもできない時間だからこそ、あなたという「商品」を強力なツールを使って宣伝するのも、「個人事業主」として稼ぐためのコツになるのです。
風俗店というお店に籍は置いていても、風俗嬢はフリーの個人事業主であり、一人一人が社長であって商品でもあるのです。
商品を高く売ったり、多くの人に購入してもらうのは、あなた自身の営業努力が必要になるということを忘れてはいけません。

暇で待機時間があるのであれば、魅力的な写メ日記を更新して集客につなげることをおすすめします。

メール営業やLINE営業をする

個人的な連絡先を交換していて、メールアドレスやLINEIDを把握しているのであれば、写メ日記を更新するのも良いですが、直接これらのツールを使い営業活動を待機中に行っていくのも大事なアクションと言えるでしょう。
暇で待機時間が長く、フリーのお客さんにも紹介してくれないとなれば、自身が営業をしていくしか稼ぐ方法はありません。

仕事をしなければ報酬はもらえませんから、自ら来てくれそうなお客さんに対してメールやLINEでアプローチをし、お店に来てくれるように営業努力をすべきです。
はっきりと言ってしまうと、出勤日に実際にお店に顔を出して、暇であることを自覚し、待機中に営業活動をするといった時点で甘えていると言わざるを得ません。
コンスタントに稼げている風俗嬢の場合は、出勤前に来てくれそうなお客さんへと営業活動をしておき、予約を入れてもらえるような段階まで持って行っているケースがほとんどです。
地道な営業努力をすることで、暇で退屈な待機時間を減らすことができ、結果として高収入を得ることができるわけですから、サボらないように努力をしましょう。

ただし、いきなり直接時間帯も考えずに電話をすることは、トラブルに発展してしまうため、あくまでも相手が暇なタイミングでチェックをすることができるメールやLINEなどで行うことをおすすめします。

チャットツールや出会いツールで営業活動をする

暇な時間があるのであれば、チャットツールやライブチャット、SNSやマッチングアプリなどを利用した営業活動をするのもおすすめです。
何も生まないスマホゲームなどをするよりも、利益につながるツールを利用して時間つぶしをすることをおすすめします。

関東圏ではあまり認知度がありませんが、関西圏ではスタンダードなコミュニケーションツールである「見えチャット」は重宝できます。
他にも捨てハンを使用したtwitterやインスタといったものも上手に活用していくべきでしょう。
プライベート用と営業用にアカウントを作成して運用していくことも大事な営業努力と言えます。
地味な活動ですが、このような努力を積み重ねることによって、風俗嬢としての人気に直結していくわけですから、努力を怠ってはいけませんよ。

メイク直しなどのリセット作業を行う

「ご指名入りました」
「はい!今から準備します」
というケースは、はっきり言ってプロの自覚がなさすぎるやり取りです。

呼ばれたときには、すぐに仕事ができる状態にしておくことこそ、プロの風俗嬢と言えるのです。
ご指名が入ったときには、すぐに戦闘モードになれるようにしておくことが重要になってくるのです。
服装チェックやメイク直し、ヘアスタイルを整えるといったことをご指名が入る前に行えていない風俗嬢は、プロ意識が低いと言わざるを得ません。
インターバル時間が5分以下など短すぎて、物理的に不可能といった場合は別にして、待機時間があって暇な時間があるのにも関わらず、全く準備が出来ていないという風俗嬢は、お店側からしてみると、はっきり言って「使えない」人材として認識されます。

結果、お客さんが急いでいるといった状況の場合には、あなたは後回しにされてしまい、準備が整っている風俗嬢に声が掛かる事態を招いてしまいます。
30分や1時間程度の長い待機時間があれば、声が掛かったときにはいつでもアクションが起こせるようにメイク直し等は行っておくのがプロの姿勢といえるでしょう。
指示をされてから始まて動き始めるようでは、プロ意識が低いと言わざるを得ないのです。

店舗スタッフとコミュニケーションを取る

暇で待機している時間というのは、お店のスタッフとコミュニケーションを取れる重要な時間があるということでもあります。
人気の高い女性キャストは、待機中にコミュニケーションを取れる時間はほぼ皆無でしょうが、たまに待機中に遭遇するケースもあります。
その際にどのよう接客をしているのか。
どのような言葉づかいやメイク、ファッションをしているのか盗めるものはいくらでもあるのです。

人気があり、稼げているという風俗嬢は、必ず他の風俗嬢とは違った要素を持っているものです。
それを探る良い機会ですから、くだらないプライドは捨て、どんどんと観察したり、コミュニケーションを取って盗めるものは盗んでしまいましょう。
一見、意味がないと思われる男性スタッフともコミュニケーションが取れる機会でもあるということも忘れてはいけません。
実際にお客さんを呼び込んだり、予約を受け付けたり、フリー客に誰を指名するかを決めているのは、男性スタッフになります。

一番最初に男性客に接するのは、彼らスタッフなのです。
彼らとコミュニケーションをとることは、どのような男性客が多いのか。
どのようなニーズを持った男性客が誰を指名しているのか情報収集をすることにつながります。
また男性スタッフとコミュニケーションを取り、良い印象を持ってもらうことができれば、フリー客を回してもらえる可能性も高まります。

自分たちが頑張っているからこそ、報酬が得られているんだと考え、男性スタッフなど雑用を担当している従業員をぞんざいに扱う女性は少なくありませんが、これをするとはっきり言って損をしてしまうだけです。
風俗という仕事上、急な欠勤やバックレなどが起こるのは日常茶飯事
そういった不測の事態が起こったとき、お店に対して少し無理をしてでも出勤をして恩を売っておくということも、自分の環境を良くするためのポイントになります。
愛想を良くしろとは言わないですが、一緒に風俗店を盛り上がて言っている仲間として認識し、得られるお得な情報を獲得できる程度の人間関係は築いておくことをおすすめします。

待機中に暇つぶしをしていて稼げるわけがない

昼間すぎに目を覚まし、だるいという感覚のまま、ダラダラと出勤して、気分が悪いからとスタッフに挨拶もせず待機をして、誰とも会話をかわすことなくスマホでゲーム。
これでははっきり言って稼げるはずがありません。
待機が当たり前になった激安風俗嬢の典型的な要素はきっちりと排除するようにしましょう。

例え単価の高い高級店に在籍していたとしても、暇で待機を余儀なくされる時間が長い風俗嬢は、「お茶引き嬢」と認識されます。
アクションと結果は、どのような職業でも比例するというマインドを持って風俗の仕事をするのが大事です。
例えば、ダイエットをして痩せたいと常日頃から口にしている人物が、外にも出ず、部屋の中で寝そべりながらお菓子を食べてテレビを見て過ごすという生活をしているとしたら、どう思うでしょうか。
痩せるわけがない」とは思いませんか。

これと同じで、稼ぎたいと本気で風俗業界に入った女の子は行動からして違っているのです。
まずはどうして一般職ではなく、風俗業界で仕事をしようと思ったのかというところから考えてみましょう。
他の職業では稼ぐことができない高額な報酬を得たいからではないですか。
もしもそうだとしたら、現実的に稼げている風俗嬢がいるのですから、彼女たちの行動やマインドを見習って、「稼げるアクション」をどんどん行っていくことをおすすめします。

待機時間が多く、暇を持て余しているという風俗嬢の多くは、「稼がせてもらおう」というような他社依存のマインドでなんとなく働いていることが多いもの。
このマインドの違いは、ルックス以上に稼げる風俗嬢と稼げない風俗嬢の差となってきますから、思ったように稼げないことに悩んでいる女の子は、マインドから変えていくことをおすすめします。

まとめ

いかがでしたか。

待機時間が長く、暇を持て余している状態というのは、風俗店のせいということもありますが、実は自分のアクションが足りていない証拠でもあるのです。
風俗で稼げている風俗嬢は、マインドが違っており、自ら利益になるような積極的なアクションを考えながら起こしています。
本気で稼ぎたいと考えているのであれば、今からでも稼げるアクションを実践してみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました