シングルマザーは風俗のお仕事で働いて稼げる?

お金

風俗のお仕事で働いている女性の人達、どのくらいいるかご存知でしょうか?
日本の風俗業界では、30万人の風俗嬢の人達がいると言われています。
その中には、学生でアルバイトしている女の子もいれば、主婦の人もいます。

しかし、その4人に1人はシングルマザーと言われていす。
いわゆる母子家庭と呼ばれる家庭の人違ですが、シングルマザーは自分の子供を育てるために、風俗という職業を選んでいるのです。

シングルマザーが増えている今

この10数年の日本の家庭事情を眺めてみると、3カップルのうち1カップルが離婚していると言われます。

時間にすると、2分間に1組のカップルが離婚しているという見方さえあるほどなのです。
そのことによって、シングルマザーとなる女性か増え続けているのです。
その一方で結婚をしなくて、出産して自分1人で、子供さんを育てていく女性の人もかなりいらっしゃいます。
しかし、ここで現実的に直面するのが、経済的な問題です。

自分1人で生活するだけでなく、子供の養育費までのことを考えると、普通のお仕事では、ギリギリの生活費をにならざるを得ないでしょう。
ましてや、子供さんが成長するにつれて、教育費も必要になってきます。
そんな時に高額の収入を稼ぐことができるお仕事が風俗なのです。

シングルマザーの経済事情

シングルマザーの人が風俗を働くことを見る前に、彼女らの経済事情を少し考えてみることにしましょう。
少し硬い表現になりますが、母子家庭が抱えている経済的な課題としては、まず子供の養育費が挙げられます。
この養育費は、元のパートナーから養育費を受けているシングルマザーが、母子家庭の役4割を占めていると言われています。
しかし、これも離婚後、次第に養育費が滞ってきたり、支払われないという状態も発生しています。

ここでシングルマザー自身が稼いでいる収入がクローズアップされてくるのですが、その額は8割以上人達は年収200万円以下となっています。
彼女らシングルマザーの半数以上の人がアルバイトやパートといった正規雇用で、年間所得が130万円未満になっている厳しい事情があるのです。
このような状況では、シングルマザーの多くは、月10万円以下の費用で生活をしなくてはならず、家賃や電気・ガス・水道代、食費、教育費などの負担が、重たくのし掛かってくるわけです。
もちろん、行政から母子家庭に対して児童扶養手当や生活保護などの制度で守られていますが、児童扶養手当の金額を見ると、子供1人で4万円、2人でも4万5千円なので、子供を問題なく養うためには十分な金額とは言えないでしょう。

経済的な自立のために風俗で働く

そんな苦しい経済的な事情を考えた時に、安定した収入を稼げるのが、風俗のお仕事なのです。

昼の一般職と比べて桁違いの収入を稼ぐことができる

風俗で働く一番のメリットはその収入の高さにあります。

昼間の仕事は、風俗業界のような歩合制とは異なり、安定した収入が見込めます。
しかし、月に稼げる金額は決まっているので、シングルマザーが子供を養いながら、生活することは、とても厳しいのが実情です。
一方で、風俗のお仕事は収入面が安定していないものの、それでも普通の昼の仕事の3~4倍以上の収入を稼ぐことができます。
頑張れば、大企業の部長クラスの収入を手にすることもできますし、実際にそんなシングルマザーの風俗嬢の人達がたくさんいらっしゃいます。

風俗状況は個人事業主としての位置付けになるので、頑張った分だけまとまった収入が見込めるので、自分1人だけで子供を育てることや自立した生活を送る必要があるシングルマザーにとっては、普通のお仕事よりも、風俗の方が遥かに高額なお金を稼げるのです。
もし、教育費用や賃貸などで借金やローンがあったとしても、その返済は風俗で稼ぐ高額の収入があれば、短時間に済ませることが可能なのです。

資格や学歴が必要ない

今では、資格の時代と言われており、母子家庭で資格や学歴がないと、働く環境がかなり限定的されてきます。

しかし、これから資格を取得したり、学歴を重ねて行くとなると、かなりの時間と費用がかかってきます。
しかし、風俗のお仕事は、学歴や資格を持っていなくても、大きな収入を得ることができます。
これもシングルマザーの人達が風俗で働く理由になっています。

時間的な融通が利きやすい

シングルマザーの人達は、家族や親族に協力してくれる人がいない場合に、子供さんが急に病気になったり、学校の行事などで時間に制約が出て来てしまいます。
昼間のお仕事では、たとえワークスタイルがフレキシブルになってきているとは言え、まだまだ、ごく一部の企業でのことであり、多くの職場では途中で退勤したり、遅刻することが難しい環境です。
しかし、風俗のお仕事は、退勤すること、遅刻することがかなりオープンなので、時間に融通が利きやすく、仕事も自分のスケジュールに合わせてできるわけです。

年齢に関係なく働ける

お昼の職業に就く場合は、あまり高齢になってくると、働ける機会が少なく限られてきます。
しかし、風俗の業界では、お客さんのニーズも多様化しており、人妻専門店や熟女店なども増えてきていますので、シングルマザーでも経験や年齢に関係なく活躍する場が提供されています。

まとめ

シングルマザーの人達は子供さんを育て自活していくことは、並大抵のことではできるものではありません。

しかし、風俗のお仕事をすることで、人並み以上の生活を手にすることができるのですから、是非、この世界で頑張ってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました