風俗で働く前だからこそ知りたい風俗嬢がしんどいと思う瞬間

お悩み・疑問

風俗で働きたいけれど、内情が分からないため不安と感じている女性は少なくないでしょう。
短時間で高額な報酬を得られるメリットがあるなら、必ずデメリットがあるはずだと考えるのは当然ですね。
そこでここでは、風俗で働く前だからこそ知りたい風俗嬢がしんどいと思う瞬間と題してご紹介していきます。

風俗はストレスがたまりやすい職業

短時間で高額な報酬が得られる仕事ですから、決して楽とは言えない仕事なのは当然ですね。
中でも風俗の仕事はストレスが溜まりやすい仕事と言われています。
一般職では感じることがないようなストレスを感じ、それが重なると正直しんどいと思ってしまうのは仕方のないことかもしれません。

お客さんとの関係や接客

風俗の仕事をしていて、しんどいと思える要素の筆頭格がお客さんとの関係や接客に関してのことでしょう。
出勤する度に不特定多数の男性客に性的なサービスを提供しなければならないというのは、正直しんどい行為です。
相手の素性や性格も分からないのに裸になり、性的サービスを提供する。

仕事と割り切っているとはいえ、しんどいと思うのは当然のことですね。
こちらから男性客を選ぶことはできませんから、生理的に気持ち悪いと感じてしまうこともありますし、不快な思いをさせられてしまうことも多々あります。
風俗店に訪れる男性客の多くは、プライベートでは自分の力だけでセックスができる機会が得られない方がほとんどです。
だからこそ、高いお金を支払って欲求を満たそうと通っています。

このためイケメンなどの容姿が優れていたり、性格が抜群に良かったり、会話が楽しいなど女性にモテる要素を持っていることは少なく、逆に何かしらの欠陥がある男性の相手をしなければなりません。
見た目が気持ち悪かったり、清潔感がゼロという男性。
上から目線で風俗嬢をモノとしか思わないような性格の持ち主が相手になるなんてことは、日常的にあり得ます。
これらのことは十分承知で働くわけですが、我慢できる日もあれば、どうしても放棄したくなる日もあるのが人間です。

それでも働かなければならないのがしんどい所と言えるでしょう。

職場の人間関係

風俗のみならず、多くの職業でしんどいことの筆頭に挙げられているのが職場の人間関係
水商売などでは、男性客の取り合いになったり、ライバルの足を引っ張ることに執着したドロドロの人間関係などが有名ですが、風俗でもそれは同じです。

ただし、風俗嬢の場合には、個室待機のお店だったり、そもそも店舗がない場合もありますし、待機が自由といった風俗店も存在しているため、水商売と比較すると、人間関係に関するトラブルは多くありません。
ただし、集団待機を余儀なくされ、アレやコレやと詮索されたり、お客さんを取ったり取られたり、妬みややっかみが生まれてしまい、人間関係が悪化。
男性客にありもしない噂を流されたり、インターネットで悪口を拡散させたり、こういったトラブルとは無縁かといえば、ゼロとは言い切れません。
人気嬢になれば不人気嬢たちに陰口をたたかれたりしますし、あからさまに敬遠されたりも当たり前にある世界。

前述の男性客から受けるストレスと重なれば、しんどいを通り越して辛さを感じ、移籍してしまうというケースも珍しくありません。

風俗店スタッフとの関係

在籍している女性キャスト同士の人間関係以外にも、風俗店の受付や店長、オーナーといった周辺スタッフとの人間関係にしんどいと思っている風俗嬢も少なくありません。
一般企業で働く人間と比較して、どこかまともではない人間がかかわっていることも珍しくない風俗業界。

理不尽なことを言われたり、隙あらば肉体関係を迫ったりなどというケースはゼロではなく、本来は味方であるはずのスタッフがストレス源になってしまうこともあるのです。
関係が悪くなるだけなら、しんどいとまでは思わないかもしれませんが、フリー客を回してもらえなくなったり、情報を回してもらえないなど報酬に関わる嫌がらせをされてしまうケースもあります。
このため周辺スタッフとの人間関係にも、ある程度に気を遣わなければならなくなり、それをしんどいと感じてしまう風俗嬢も少なくないのです。

金銭問題がしんどい

これまでは風俗で働く上でのしんどいポイントを紹介しましたが、ここからは風俗嬢の多くが抱えているしんどい要素をご紹介します。
その代表格といえば、金銭問題です。
風俗で働く理由の共通点がお金を稼ぐためというもの。
つまり、何かしらの金銭問題を抱えている女性が多いわけです。

一般的な仕事よりもはるかに高い報酬が得られるわけですが、その分働いても浪費をするような生活になってしまい、いつまでもお金に追われ、貯蓄などが貯められない状況が続くという方は珍しくありません。
生活リズムが一般の方とは違っていて一般職の友人と会う機会が持てない。
他にも風俗で働いていることがバレたくないので友人や知人、家族に相談ができない。
仕事上では前述にあるような多くのストレスと直面することが多いのにも関わらず、それらを吐き出すことができない環境にあるわけです。

知り合いなどには相談できないことから、ホストに癒しを求め、稼いだお金の多くを貢いでしまい、お金を浪費してしまう。
他にもストレス発散方法が衝動買いなどの浪費活動に限定されてしまっていつもギリギリの状況になっている。
最悪の場合には、食がストレス発散の方法となっている場合です。
高級レストランでの外食を繰り返し、お金を浪費するだけならいいですが、体型が次第に変わっていき、風俗の仕事に悪影響を与えてどんどん稼げなくなってしまったなんてケースも普通にあり得る話なのです。

風俗の仕事をやっているのに、金銭問題が一向に好転せず、楽にならない生活にしんどいと思ってしまう女性は少なくありません。

性的な行為をすることに変化が生じる

風俗をしていると、当たり前のようにセックスをしたり、オーラルセックスをするのが日常化してしまいます。
そんな日常を送っていると、いざ大切な人とのセックスの際に後ろめたさを感じてしまい、セックスができる身体の状態にならなかったり、セックスに対して嫌悪感を抱くことも珍しくありません。

刺激されすぎて、不感症のような状態になってしまった結果、彼氏や旦那さんとはセックスレスになってしまうケースも当たり前に存在しています。
ふとした瞬間に仕事でもプライベートでも、自分はなんでこんなことをしているのだろうと気持ちが落ち込んでしまうこともあるのです。
罪悪感などに襲われ、プライベートでの性的な行為に変化が生じてしまったとき、風俗の仕事をしていてしんどいと思える女性は少なくありません。

しんどいと思ったときの解消法

これまで紹介したように風俗の仕事は一般職と比較しても、ストレスに多くさらされ、正直しんどいと思ってしまうシーンが多々訪れます。
しかし多くの風俗嬢が、悩んだり苦しんだりしながらも、それでも何とか気持ちを立て直し、毎日を頑張って前に進んでいるのです。
しんどいと感じてしまった場合には、突然仕事をしたくないと強く思ってしまうことも珍しくなく、結果として風俗店には何も告げず辞めてしまういわゆる「飛ぶ」ことが多い職業でもあります。
ただ、これまで少なからず融通を利かせ、面倒を見てくれた風俗店に何も言わずに姿を消してしまうという行為は、予約を入れている男性客はもちろんのこと、多くの人間に迷惑をかけてしまう行為であることを覚えておきましょう。

しんどくてもバックレるという行為は避けるべきです。
しかしながら、あまりにもしんどいと思った時に辛い状況でありながらも自分を追い詰めすぎると、精神的に崩壊してしまいますから、自分を追い詰めすぎてもいけません。
そこでしっかりとガス抜きをすることをおすすめします。

自分磨きにお金をかける

ガス抜き方法としておすすめするのが、自分磨きにお金をかけるという方法です。
金銭的な問題を解消したいのに、お金を使ってどうするのという方もいるでしょうが、浪費癖になるのは飲食にお金を使ったり、ホストに貢いだりするいわゆる「死に金」というものに使っているからです。
お金の使い方には二種類あり、生き金と死に金があります。
自分の風俗嬢としての報酬を挙げられることに使うお金は有意義な使い方であり、無駄遣いではありません。

その代表格が美容にお金をかけるという方法。
脱毛サロンに通ったり、エステティックサロンに行く。
スポーツジムや美容室に行く。
肌に良い基礎化粧品を購入するといったことに使うお金なら、使う価値は十二分にあります。

女子力アップをして自分を磨くことでストレスを解消できるとなれば、一石二鳥ではないでしょうか。

旅行にでかける

しんどくなってしまうのは、自分の了見が狭くなってしまっている証拠です。
性的なサービスを繰り返し、毎日同じ街で生活をし、同じ人間と顔を合わせていることが原因と言っても過言ではありません。

ですから、国内でも海外でもいいので、しばらく日常を忘れることができる旅行に出かけ、精神的なリフレッシュをするのがおすすめです。
一般職では長期休暇はなかなか取得することができませんが、風俗嬢なら事前にしっかりとお店に知らせていれば、快くOKをしてもらえます。
旅行に行くことで価値観も変わるし、視野も広がり、会話などのコミュニケーションのネタを仕入れることにもなります。
風俗の仕事につなげることもできますから、こちらもおすすめのストレス解消法と言えるのです。

まとめ

いかがでしたか。
風俗の仕事をしていると、しんどいと思うシーンは数多く存在していると言わざるを得ません。
だからこそ高い報酬を得られているわけですが、それを割り切ることができる女性はごく少数でしょう。

しんどい思いをするのは仕方がないとしても、上手な解消方法を覚えて置いたり、ストレス源への対処を覚えておくことで、風俗嬢としてうまく立ち回ることは可能ですから、しっかりと覚えておくことをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました