体入荒らしとは?体入荒らしと間違えられないように注意しよう!

お悩み・疑問

キャバクラでは、通常、実際に入店する前に、体験入店をするシステムになっています。
お試しで働いて、お店の雰囲気を感じたり、お店のシステムを理解したりするのです。

本当に入店したいという女の子にとってはとても便利なシステムですが、それを悪用する人もいるのです。
通常、体入荒らしと言われています。
体入荒らしは問題となっているため、面接の際は体入荒らしと思われないようにする必要があります。
気をつけるべき点についても解説しますので、ぜひ見てみてくださいね。

体入荒らしとは?

体入荒らしとは、入店する気がないのも関わらず、体験入店を何度もする行為のことを言います。
体験入店をすると、日払いで給料を受け取ることができます。

体入荒らしをする理由は?

体入荒らしをする女の子は多いですが、どのような理由で体入荒らしをするのでしょうか。
体入荒らしをする理由についてご紹介します。

お金に困っている

体験入店は、日払いですぐにお金を稼ぐことができます。

そのため、お金に困っている女の子が体入荒らしをしがちなのです。

気ままに働きたい

お店に在籍すると、勤務日などの自由がきかなくなりますよね。
気ままに働けるよう在籍せずに体入荒らしで稼ぎたいという女の子もいるのです。

日払いで転々としてお金をためるという作戦なのでしょう。

コスパが良いから

体験入店の方は、非常にコスパが良くなっています。
在籍しているお店の出勤日が少なく、もっと稼ぎたいという気持ちで体入荒らしをするケースもあります。

在籍しているお店に不満がある

在籍しているお店に不満を感じているとあまり出勤したくないですよね。
現実逃避のような意味合いで体入荒らしをする女の子もいます。

体入荒らしが良くない理由

体入荒らしは、時間と手間をかけて対応してくれるお店に対して、失礼な行為になります。
お店側としては、費用、時間ともに無駄になってしまいますし、入る気のない女の子が接客するとお店のイメージは悪くなります。

お店を冷やかす行為になる

体入荒らしはお店を冷やかす行為になります。
お店側は、忙しい中、女の子の面接に時間をかけたり、丁寧に説明したりしてくれます。
お店によっては、体験入店の給料が高くなっているケースもあるでしょう。
じっくり時間をかけてくれているにも関わらず、体入荒らしをするというのは、お店側をがっかりさせることにつながるのです。

自分のお店で働いてほしいというお店側の期待を裏切る行為はよくありません。

お店側の手間が無駄になる

お店側は時間に限りがあるので、本当に働く意思のある女の子の面接をしたいはずです。
しかし、体入荒らしが増えると、お店側の手間は無駄になってしまい、面接できる女の子の数も減るので大きな損失になるのです。

体入荒らしの女の子は接客が雑なので、お店の印象が悪くなる

体入荒らしをする女の子は入店する意思がないので、雑な接客をしがちです。
お客さんとも今後会う予定がないので、気に入られようとする立ち振る舞いはしないのです。
雑な接客態度をとられると、お店の印象が悪くなります。

お店の売り上げにも影響してくるのです。

体入荒らしをする女の子の特徴

体入荒らしをする女の子には特徴があります。
お店側は、体入荒らしの女の子の特徴を把握しているので、チェックしています。

逆に、体入荒らしをする女の子に特徴的な行動を取ってしまうと、体入荒らしと疑われて面接に通らない可能性があります。

お店のシステムに関する情報に無関心

働く意思があるのであれば、給料、ノルマなど知りたいと思いますよね。
大事な話をしているにも関わらず、無関心な態度をとるのは体入荒らしをする女の子の特徴の一つです。

大事な情報を聞き流してしまうと、お店側から体入荒らしと判断されるでしょう。

やる気のない態度をとる

入店する意思がないと、どうしてもやる気が出ないですよね。
体験入店のやる気がないと、体入荒らしと判断されてしまうでしょう。

お客さんに自分は今日しかいないと伝えてしまう女の子もいます。
接客態度も悪くなりがちです。

体験入店が始まると無愛想になる

面接で印象が悪いと、体験入店をさせてもらえないですよね。

面接時愛想が良くても、体験入店へ進んだときに無愛想になるというのはよくあります。
体験入店で一気に態度が変わると、体入荒らしと判断されてしまうでしょう。

給料をもらったらすぐに帰宅する

通常、働く意思がある場合、体験入店後に本入店の話があり、今後の予定について確認します。

しかし、体入荒らしの女の子は今後来るつもりがないので、すぐ帰ってしまうのです。
急いでいるので、今日は帰りますなどと、適当な発言をするというのもあるあるです。

お店側の体入荒らしの見抜き方

お店側の立場に立つと、体入荒らしは大きな損失になります。
しかし、体入荒らしをする女の子が非常に多いため、面接の時に体入荒らしを見抜こうとするのです。
面接を受ける際は、体入荒らしと思われないよう、判断材料を知っておく必要があるでしょう。
体入荒らしではないにも関わらず、態度、行動によって疑われるケースがあります。

面接時の格好で判断

体験入店ではお店の制服に着替えるケースはありますが、手抜きの格好で面接に行かないようにしましょう。
また、メイクなしのすっぴんで行くのもやる気なしと判断されてしまいます。
体入荒らしの判断もですが、手抜きのファッション、メイクでは面接に受からない可能性が高いでしょう。

面接の際の態度

面接時に興味がなさそうに話を聞いていると、やる気なしと判断されてしまいます。
しかし、逆にオーバーなリアクションをしたり、大胆な発言したりするのも、体入荒らしと疑われる可能性があるのです。
体入荒らしの場合、そのお店には二度と行かないと思っているので、適当なことを言って面接に受かろうとする女の子が多いのです。

体験入店時の接客態度をチェック

体入荒らしを見抜こうとする場合、体験入店時の接客態度をチェックしています。
お客さんとの会話を適当にしたり、場内指名しようとしてくれるお客さんに対してやる気のない態度で断ったりすると、体入荒らしかもと思われてしまうでしょう。
また、お店の雰囲気を全く把握しようとしないのも怪しいと疑われてしまいます。

真剣に入店しようとしている女の子であれば、お客さんの指名を獲得しようとしたり、お店の雰囲気を感じ取ろうとしたりするはずなのです。

体験入店では体入荒らしと思われないようにするのが大切!

キャバクラが設定している体験入店というシステムはとても便利なものです。
事前に体験入店をして、お店のことをある程度理解した上で本入店するというのは安心感があるでしょう。

もちろん、体験入店で合わないと思ったら断ることは可能ですが、最初から全く入店する意思がないにも関わらず体験入店するのは、体入荒らしになります。
お店側としては、体入荒らしが問題点なので、何とか面接時に見抜こうとするでしょう。
様々な判断材料があるのですが、体入荒らしのつもりがないにも関わらず、勘違いされるケースもあります。
せっかく面接に行ったのに、体入荒らしと思われて面接に落ちるのは悲しいので、判断材料を知り、疑われないようにするのが大切です。

体験入店をしようと考えている方は、お店からの印象が悪くならないように、注意しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました