デリヘル・ホテヘルで働きたい方必見!デリヘルとホテヘルの違いを徹底解説!

仕事内容

デリヘル、ホテヘルで働く場合には、デリヘルとホテヘルの違いを知っておくことが大切です。
デリヘルとホテヘルの違いをしっかり知ることで、自分に合う方を選ぶことが可能となるのです。
働いてから後悔するリスクも減るでしょう。

メリット、デメリットも踏まえてご紹介しますので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

ホテヘルとデリヘルでは受付方法が違う

風俗店の求人では、ホテヘル、デリヘルという言葉を耳にしますよね。
風俗店初心者の女の子が見ると、違いが分からず困るというケースもあるでしょう。

風俗店で働こうと考えている場合、ホテヘルとデリヘルの違いを知っておくとスムーズです。
デリヘルを利用する際、男性は電話で予約をします。
そして、女の子が男性のいるホテルや自宅に足を運ぶのです。
一方ホテヘルの場合は、男性はまず、お店に来て受付を済ませます。

そして、女の子と一緒にホテルなどに移動してプレイする流れになるのです。
受付方法はホテヘルとデリヘルの大きな違いです。
デリヘルの場合は電話で簡単に予約をすることができますが、ホテヘルの場合はお店に来て一旦予約するという手間がかかります。
しかし、ホテヘルの方が女の子を選びやすいというメリットがあるため、ホテヘルを好む男性は多いのです。

また、ホテヘルは受付が必要なため、比較的便利な場所にあります。
仕事終わりに立ち寄りやすいのも人気の秘密です。
ホテヘルとデリヘルでは、プレイ内容に関しては違いがありません。

受付時に男性のチェックができるかどうかがポイント

風俗店では、がっつり稼ぐことはできますが、家族、知人に内緒にしておきたいという方もいますよね。
ホテヘル場合、男性はお店に受付をしに来る必要があります。
そのため、男性をモニターでチェックすることができるのです。
ホテヘルであれば、男性をモニターでチェックし、知り合いの男性だった場合に回避するということも可能です。

また、男性が実際にお店に来店することで、防犯対策にもなります。
泥酔しきっていて、女の子がプレイするリスクが高いと判断した場合には、断るケースもあります。
一方、デリヘルでは電話でのやり取りのみなので、相手の状況が分かりにくいというデメリットがあります。
電話で慎重に確認するようにしているお店は多いですが、行ってみると危険というケースもあるでしょう。

安心面では、ホテヘルの方がメリットが大きいでしょう。

ホテヘルとデリヘルでは派遣先の範囲が違う

デリヘルはもちろん女の子を派遣する範囲は決められていますが、比較的広範囲であるケースが多いです。
お店から送迎するシステムは整っているので、交通手段で困ることはないのですが、離れ過ぎていると、防犯面などで不安に感じる女の子もいるでしょう。

もちろん、近くに運転スタッフがいるので、対応はすぐに可能ですが、距離が遠いと不安になる女の子も多いです。
一方、ホテヘルの場合は、男性がお店で受付をするため、その近くのホテルでプレイします。
近くにお店があるため、精神的に安心するという女の子は多いです。
プレイ内容に違いはないのですが、プレイする場所にはある程度違いがあるかもしれません。

距離はあまり気にしないという女の子はデリヘルでも可能ですし、ある程度近くで安心してプレイしたい女の子はホテヘルが良いでしょう。

ホテヘルはモザイクなしの写真を男性に見せる

ホテヘルの特徴としては、男性が受付に来るので、モザイクなしの写真を見せて女の子を決めてもらいます。
容姿に自信がある女の子は、ホテヘルでは有利になるでしょう。

現在では、パネルの写真が加工されるケースもあります。
お店によっては、写真を加工していて、パネルと実物違いがあるというのもあるあるです。
ホテヘルで働いていることがばれたくないという希望のある女の子もいるので、身バレしないように修正を望むケースもあります。
一方デリヘルの場合は、お店のホームページに女の子の情報を記載するため、基本的には写真にはモザイクがかかっています。

容姿に自信のある女の子は、写真を公開することが稼げるチャンスにつながるので、デリヘルでは物足りないと感じるかもしれません。

ホテヘルは人目が気になりがち

ホテヘルは男性が受付をする必要があるため、繁華街、風俗街にあることが多いです。
そのため、知り合いの男性が近くで遊んでいるというケースがあり、目撃されるリスクもあるでしょう。

ホテヘルで働く場合はお店に入る前に、知り合いがいないかどうか警戒しておく必要があります。

ホテヘルとデリヘルではプレイ時間が異なることがある

デリヘルでは、比較的長く女の子と遊ぶ男性が多いです。
女の子が遠くから来てくれたとなると、じっくりプレイしたいという気持ちになるのです。

一方、ホテヘルの場合は、仕事終わりなど空き時間を利用して立ち寄る男性が多いです。
そのため、プレイ時間は比較的短くなりがちです。
デリヘルは時間で稼いで、ホテヘルは数で稼ぐようなイメージでしょう。
どちらが稼げるかは、一慨には言えません。

ホテヘルは多くのお客さんが来れば稼ぐことができますが、お客さんがなかなか来ないこともあります。

ホテヘルとデリヘルではお店の数に違いあり

ホテヘルとデリヘルはお店の数に違いがあり、デリヘルの方が圧倒的に多いです。
ホテヘルは受付場所が必要となるため、店舗を持たなければならず、数が限られてきます。

一方、デリヘルは女の子が待機できる事務所さえあれば、電話、ホームページのみで営業可能なので、無店舗で営業しているケースが多いのです。
求人もデリヘルの方が多いため、デリヘルの方がアプローチはしやすいでしょう。
しかし、店舗を持っているホテヘルの方が安全性は高いので、その点も考慮する必要があります。

ホテヘルとデリヘルでは営業時間に違いあり

ホテヘルとデリヘルでは営業時間に違いがあります。
基本的に、風俗店は深夜0時から朝6時までは営業できないことになっています。
ホテヘルは受付があるため、この規則に当てはまり、深夜から早朝の営業が禁止されているのです。
一方デリヘルは電話での対応になるため、営業時間に縛りがありません。

24時間営業しているデリヘルも中にはあります。
ホテヘルに関して、深夜0時以降デリヘルとして営業するというお店もあるので、スタッフとして働く際は事前に確認しておく必要があるでしょう。

ホテヘルとデリヘルの給料の違いは?

風俗店で働くとなると、給料に関しては気になるポイントですよね。

デリヘルのスタートの月給は26万円~30万円程度、ホテヘルは25万円~35万円程度と言われていますが、お店によって違うのが現状です。
昇給システムがあるお店もあるので、求人に応募する際は確認しておくと良いでしょう。

まとめ

ホテヘルとデリヘルはプレイ内容は同じですが、接客方法に違いがあります。

ホテヘルでは対面のコミュニケーション力が必要になりますし、デリヘルでは電話対応能力が求められます。
また、営業時間も異なるため、深夜から早朝にかけて働きたくないという場合はホテヘルが良いでしょう。
デリヘルは深夜の時間帯でもがっつり稼ぐことができます。
ホテヘル、デリヘルのどちらが良いかは、一慨には言えないため、それぞれの特徴を把握し、自分に合う方を選択するのが良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました