業種が多すぎて分からない?ランパブとはどういうサービスをする仕事なの?

仕事内容

日本の風俗は非常に多くの業種が存在しています。
古くはスナックとクラブくらいしかなかった時代もありましたが、キャバレーが生まれ、パブも生まれ。

良い所をとったキャバクラが誕生しました。
ソープしかなかったものが、ファッションヘルスやピンサロが生まれて、イメクラが誕生し、無店舗型というホテヘルやデリヘルが誕生しました。
ソフト風俗などと呼ばれているオナクラ、JKリフレといったものも存在しており、風俗業界に関心がない一般の方には、何がどう違うのか分からない状態というくらい非常に細かな業種が存在しているのが日本です。
風俗で働きたい女性の中でも、どんな業種が何をしなければならないかという点は非常に気になっている部分ではないでしょうか。

中でも疑問が多く寄せられているランパブについてここでは詳しくご紹介していきます。

ランパブってなに?

ランパブの他にもおっパブなんてものがあるため、一体どのような違いがあるのか分からないという方が多いものです。
まずパブというネーミングには、ほとんど意味がありません。

外国でパブというとお酒を飲みながらフットボールをテレビなどで観戦し、みんなで和気あいあいとするような社交場という意味がありますが、日本のパブは水商売という意味くらいしかないでしょう。
ランパブは「ランジェリーパブ」の略称になります。
つまりランジェリー姿の女性キャストが接客をしてくれるという水商売になります。

風俗と水商売は違う

ランパブは風俗求人に一緒に掲載されていることが多いため、性風俗店と勘違いしている方が多くいらっしゃいます。
しかしながら、風俗と水商売は違います。
風俗と水商売の大きな違いは、「ヌキ(射精)があるかないか」という点が挙げられます。
ヌキまで導いてあげるのが風俗と分類されるのですが、水商売の場合には際どいサービスがあったとしても、その前でストップする。

基本的にはエロサービスがあるキャバクラのようなものだと考えて下さい。
おっパブやセクキャバといったものの場合、バストを露わにしてタッチや乳首を舐められたりすることがありますが、基本的に下半身へのタッチやフェラチオ、挿入といった行為をしたり、手コキでも射精まで導くサービスは行っていません。
一方で同じ水商売のようなスタイルであるにも関わらず、ピンサロの場合にはフェラチオ有り、手コキあり、ボディタッチもありというサービスになりますから、風俗店に分類されるのです。
タッチを認めるか否かでも風俗か水商売かに分類するケースもありますが、オナクラは射精ありきの風俗ですが、基本的に女性へのボディタッチは認められていませんし、非常にあいまいな分類になっています。

風俗や水商売に関しては「風営法」という法律のルールに則って営業をしなければならないのですが、自由に商売をし少しでも利益を上げるために、法律の曖昧な部分の隙間の縫って新しい業種がぞくぞくと誕生しているのが日本の現状です。
こういったことから世界一風俗の種類が多い国になったという背景があるのです。

結局ランパブってどんなサービスをするの?

それではランパブは実際にどのようなサービスをするのかということですが、ランパブは水商売に分類されます。

基本的にもぐりのお店でもない限り、ヌキのサービスは提供していません。
基本的にキャバクラのように男性客にマンツーマンで席について、お酒を作ったり、タバコに火を点けたり、会話をして楽しませるといったサービスが主になります。
場内指名や本指名があり、同伴やアフターがあるといったところは、クラブやキャバクラと変わりません。
ただし、キャバクラのようにドレスではなく、女の子が下着姿、つまりはランジェリー姿で接客をするという違いだけです。

近年では「いちゃキャバ」というジャンルのお店が増えてきました。
これはランパブ以上、セクキャバ(おっパブ)未満といった感じのサービスで、少しのタッチやキスのサービスが認められているところもあります。
ランパブではお触り禁止となっているため、着衣状態とはいえバストなどを触ることができるいちゃキャバが現在では人気が高いジャンルとなっているのも事実。
コスチュームはセクシーな下着姿ですが、キャミソールで接客OKというところもありますし、コスプレデーなどを設けているお店も存在します。

カラオケが設置されているお店もあり、下着姿でカラオケをお客さんと歌い盛り上がるというちょっとカオスな光景が見られるのもランパブの面白いところです。

ランパブの報酬面は充実しているのか

実際に出されている求人をチェックすると、給料面でいえば、ランパブが時給4,000円~5,000円といったところが多いのに関して、おっパブやセクキャバでは時給が5,000円~7,000円と高く設定されています。
これはお触りなしのランパブに対して、お触りサービスを提供しなければならないおっパブやセクキャバの方が労力が掛かるわけですから当然と言えるでしょう。

次に日給や月給をある程度算出してみましょう。
ランパブは日給で稼げても2万円~2万5000円で月収で換算すると40万円~50万円といった金額になります。
一方でセクキャバになると日給で2万5000円~3万5000円となり、月収換算すると50万円~70万円となります。
どういった概算かというと、朝営業や昼営業でも行っていない限り、水商売の場合には営業時間は早くて夜7時から夜中の12時までの営業時間となり、5時間程度しか働けません。

これを週に5日出勤すると考えた場合には、ランパブ(4,000円×5時間×5日×4週)は40万円となり、セクキャバ(5,000円×5時間×5日×4週)は、50万円となるわけです。
この差でお触りがあるかないか。
高いか安いかと感じるのは働く女性次第といえるでしょう。
逆におっぱいを触られたり、舐められたりするなら、より給料の良い風俗で働いた方が良いのでは?と考える女性もいます。

どの程度のサービスを提供しなければならないか知りたいという女性も多くいるでしょうから、実際に体験入店をしてみて、自分に向いているのかいないのかを事前に確かめることをおすすめします。
ちなみに体験入店であっても、本採用されたときとの時給が変わらないというのが、この業界の良い部分ともいえるでしょう。
ですから百聞は一見にしかずと考えて一度体験入店するのがベターなのです。

ランパブで働く際の注意点

ランパブの求人を見ても、詳しい内容やその実情を把握することは難しいでしょう。
体験入店をしても、その場で得られる情報はそこまで多くなく、働いている内に分かってくることも多く存在します。
そこでランパブで働く際の注意点をご紹介します。

どんな女性がランパブに向いているか
ランパブに向いているかどうかは、それぞれの女性によってまちまちです。
ただ、二分化傾向が見られているのも事実として存在します。
ランパブ嬢の多くは、以前まではキャバクラで働いている女の子が鞍替えをしていることが多いという点です。

一方でお触り有りのおっパブなどのお店で働いている女性の多くは、ソープ嬢やデリヘル嬢が鞍替えしているケースが多く見られています。
つまり、ランパブはソフト→ハード、逆におっパブはハード→ソフトで鞍替えしているという特徴があるのです。
キャバ嬢として稼いでいくためには、容姿が良いことはもちろんですが、会話などのコミュニケーション能力が高くないと難しいというのが現実です。
容姿が劣っていたり、コミュニケーションスキルが低いと、どうしても思ったように稼げなくなり、露出度を高めるだけである程度に稼ぐことができるランパブへと流れてくるといった寸法です。

逆におっパブなどに流れてくるのは、ハードな風俗サービスでは、やはり肉体的にも精神的にもきつく、報酬が落ちたとしてもヌキサービスがないこれらのお店で働くことを選択しているというわけです。

見た目のレベルは高くしておくこと

下着姿という露出度の高い状態だからこそ、トーク力もそこまで求められることがないわけですから、基本的にルックス面は高く磨いておくという努力は忘れないようにしておきたいところです。
成人を迎えた後にバストサイズをアップさせることは難しいですが、ウエストを絞ることによって、バストサイズを大きく見せることは可能です。

バストはない。
横っ腹にお肉がつき、パンツの上にだらしなく乗っているというランパブ嬢を誰が好んで指名してくれるでしょうか。
ルックス面はメイクを研究して少しでもカワイイなり、綺麗な感じに整え、スタイルはジムなどに通うなどをして維持しておくことをおすすめします。

詐欺求人も多いので注意が必要

ランパブと言って求人を出しておきながら、いざ入店してみるとセクキャバだったなんてことも珍しくありません。
ですから、求人情報をそのまま鵜呑みしてしまうのは、リスクが高いのがランパブの求人なのです。
前述にもあるように日本の風俗や水商売は、さまざまな要素を取り入れているのが現状であり、明確な線引きがあってないようなもの。
なかなか女の子が集まらないから、求人情報にはランパブということにしておいて、入店したらお店の都合の良いように働いてもらおうという悪質店も残念ながら存在しています。

そこで流されてしまっては、悪質店の思うつぼですから、お触りやヌキのサービスは絶対にしたくないという気持ちがあるのであれば、事前に本当にランパブであるかどうかを確認しましょう。
そのためには求人情報だけではなく、実際に男性客向けに配信されているホームページをチェックすることをおすすめします。
求人情報以上にタッチOKだとか、キスまでならOKなどというような宣伝がある場合には、完全にランパブと偽って募集をかけている悪質店と判断し、応募すべきではありません。
風俗か水商売かという点でも判断することが難しいのに、そこに来てタッチがあるのかないのかといったところの判断まで迫られる。

男性の中でも風俗関係や水商売関係の情報に疎ければ、それぞれの違いが分からないという方が多い近年ですから、業界経験もなく事情に乏しい女性が判断するのは、非常に難しい状況といえるのです。
ですから、焦らずにじっくりと求人情報を読み解き、ホームページをチェックし、それでも情報が足りないと思えば、実際にお店に行ったことがある体験談などもチェックすることをおすすめします。

ランパブでの賢い稼ぎ方

ランパブの求人を見ると、タッチされないでお酒の相手をするだけなのに、こんなに給料がもらえるのかといった魅力的な文言が踊っていることでしょう。

しかし注意点でも紹介したように、セクシーさを感じられる容姿がなければ、やはり本指名はもらえませんし、コンスタントに稼ぐことは難しいものです。
そこでランパブで稼ぐためのコツをご紹介します。
基本的にコスチュームの露出度が高いだけで、サービス内容はキャバクラのそれと変わりません。
また同じシステムを採用しているので、同伴やアフター、ドリンクバックといったものも存在しています。

これらのものは働く女の子にとって非常に大きな収入源と言えるのです。
ある程度の営業努力をしなければ、同伴やアフターに誘われることはありませんし、ドリンクの一杯すら奢ってもらうことは難しいでしょう。
ランパブだからと舐めていると、収入が思ったようにない。
安定しないといった事態に陥ってしまいます。

営業メールをこまめにしたり、少しでもコミュニケーションが取れるように最新のトレンドをチェックする。
またニュースを見て情報収集するといったこととは最低限度の努力といえます。
営業メールを送るのは良いですが、露出度が高い分、下心を露骨に出してくるような男性客も少なくありません。
そこで枕営業などをしてしまっては、はっきり言って風俗で勤める以下の報酬で安売りをしていることになってしまいますから、注意するようにしましょう。

まとめ

ランパブの求人は非常に多く見られていますが、ランパブといった業種が一体どういうサービスを提供しているのかを把握していなければ、悪質店に入店してしまい、後悔することになってしまいます。
ランパブは風俗店ではなく、水商売。
ヌキがないことはもちろん、タッチすらも認めていないのが本当のランパブです。

日本ほど風俗や水商売がミックスされて乱立しているところも少ないため、事情通でないと違いが分からないかもしれませんが、後悔をしないように情報収集はきっちりと行っておくことをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました