風俗店での罰金は存在する?風俗店での罰金事情を解説!

お悩み・疑問

風俗店で働きたいと思っている方にとって、罰金の可能性は重要な問題ですよね。
心配している方は多いですが、基本的に風俗嬢に対する罰金はほとんどないのです。

ネット上では、風俗嬢に対する罰金に関する情報もありますが、現代ではほとんどないと言っても過言ではありません。
しかし、少数派ですが、罰金が存在するお店もあります。

風俗嬢が罰金を科せられる状況

風俗嬢に罰金が科せられるとしたら、どのような状況か気になる方もいますよね。

基本的に罰金はないはずですが、お店やお客さんに迷惑をかけて、大きな損失が生じた際に罰金が発生するケースもあります。

無断欠勤・当日欠勤・遅刻

無断欠勤をしたり、当日欠勤、遅刻をしたりすると、お店、お客さんに迷惑がかかります。
お客さんからの信用をなくす原因にもなるでしょう。

何度も同じことを繰り返す場合、損失が大きくなるので罰金が生じるケースがあります。
一度だけでは罰金を科せられることがないので、罰金を科せられるのは常習犯の場合でしょう。
指導しても改善しない場合、通常は罰金ではなく、クビになるケースが多いです。

お客さんと内緒でデートした場合

通常、風俗店ではお店を通さずにお客さんと会うことを禁止しています。
お客さんと外で会った際に罰金を科すお店もあるでしょう。
この場合、女性に罰金を科すケースもあれば、お客さんに請求するケースもあります。

風俗店を掛け持ちした場合

風俗店は掛け持ちを禁止しているケースが多いです。
それにも関わらず、掛け持ちをして罰金が請求されるケースがあります。
掛け持ちで罰金を請求するのは、悪質な風俗店でしょう。
お店から罰金を請求された場合、必ずしも支払の義務があるとは限りません。

お客さんに対する罰金

罰金は風俗嬢に対してだけではなく、お客さんに請求されるケースもあります。
トラブルを避けるためにも、どのような行為で罰金が生じる可能性があるかを知っておく必要があるでしょう。

本番行為をした場合

風俗店のルール違反をした場合に罰金を請求するケースがあります。
一番多いのが本番行為でしょう。
本番行為は違法になるため、強制的に本番行為をすると、お客さんに対して罰金を科すケースがあるのです。
本番行為を強制されて、女の子がお店をやめたり、休んだりした場合の損害賠償として請求することがあります。

盗撮・盗聴をした場合

風俗店では男性は非日常を味わうことができますよね。
しかし、基本的に録音、撮影は禁止されています
盗撮・盗聴をした場合、お客さんに対して罰金を請求することがあるでしょう。

画像をインターネットで投稿すると、罰金の可能性がさらに高まります。
女性が精神的ショックを受けた場合も同様です。

店外で女性と会った場合

店外で風俗嬢とお客さんが会うと、お店の売上は減ってしまいます。

そのため、禁止している風俗店がほとんどです。
店外で会う行為に関しては、風俗嬢への罰金の可能性もありますが、お客さんに対して請求されるケースもあります。

スカウトする行為

風俗店では、他店のスタッフがお客さんを装って利用し、女の子をスカウトするケースがまれにあります。

お店にとっての損害が大きいので、禁止しているお店が多いですが、ルールを守らずにスカウトした場合、罰金を請求することがあります。

男性スタッフに対する罰金

風俗店での罰金と言えば、風俗嬢に対する罰金をイメージする人が多いですが、男性スタッフに対する罰金もあります。
特にトラブルとなるのが、男性スタッフと風俗嬢の恋愛関係です。

恋愛関係を禁止している風俗店でルールを破った場合に罰金を科す風俗店もあります。
罰金の支払い義務が必ずしもあるとは限らない罰金は、刑事的な罰という位置づけになります。
そのため、風俗店からの罰金は、法律的には支払い義務がありません。
しかし、損害賠償、慰謝料、減給という形で、請求されることはあります。

損害賠償

損害賠償は、お店が大きな損失を受けた際に請求します。
禁止行為をして、風俗嬢が辞めた場合、お店の売上が大きく下がった場合などに請求されるケースがあるでしょう。

慰謝料

本番行為を強制するなどの行為で、風俗嬢をお店が失った場合に、慰謝料として請求することがあります。

減給

お店のルールを守らなかった場合に、風俗嬢に対して減給というペナルティを与えるケースがあります。
無断欠勤、当日欠勤、遅刻が続く場合は、減給となる可能性が高いでしょう。

この場合は、あらかじめ就業規則で規定しておく必要があります。
また、金額に関してもルールが定められているので、極端な減給が生じることはありません。

まとめ

罰金が科せられることはまれなので、それほど心配する必要はないですが、禁止事項を破ると、それなりのペナルティが与えられることがあります。

風俗店で働く場合は、ルールを確認し、お店に損失を与えないような配慮は必要になるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました